HOMEGoogleアナリティクス > よく使う!Googleアナリティクスのフィルタ設定3つの方法

Googleアナリティクス
よく使う!Googleアナリティクスのフィルタ設定3つの方法

2017/02/17Googleアナリティクス[最終更新日]:2017/02/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクスでフィルタ設定(適用・反映)し、不要なアクセス除外や必要なアクセスを計測・分析しながら、サイト改善に役立てることが可能です。

今回は、ホスト名をGoogleアナリティクスでフィルタする方法、IPアドレスをGoogleアナリティクスでフィルタする方法、サブディレクトリをGoogleアナリティクスでフィルタする方法の3つについて中心に解説したいと思います。

Googleアナリティクスのフィルタ設定について

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
目次

ホスト名をGoogleアナリティクスでフィルタする方法
IPアドレスをGoogleアナリティクスでフィルタする方法
サブディレクトリをGoogleアナリティクスでフィルタする方法
Googleアナリティクスでフィルタを複数設定する方法
Googleアナリティクスのフィルタでスパムを除外する方法
Googleアナリティクスのフィルタの編集方法
Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について
まとめ

ホスト名をGoogleアナリティクスでフィルタする方法

ホスト名をGoogleアナリティクスでフィルタする方法は、「Googleアナリティクスでホスト名を使ったフィルタ(除外)方法」で解説してますので、ぜひご参考ください。

IPアドレスをGoogleアナリティクスでフィルタする方法

IPアドレスをGoogleアナリティクスでフィルタする方法は、「Googleアナリティクスで自分のアクセス等のIPアドレスをフィルタ(除外)する方法」で解説してますので、ぜひご参考ください。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

サブディレクトリをGoogleアナリティクスでフィルタする方法

サブディレクトリをGoogleアナリティクスでフィルタする方法は、「Googleアナリティクスでサブディレクトリを使ったフィルタ(除外)方法」で解説してますので、ぜひご参考ください。

Googleアナリティクスでフィルタを複数設定する方法

Googleアナリティクスでは、「アドバンスフィルタ」「内部トラフィックの除外」「参照ドメインにフィルタを適用する」といったシーンでフィルタを複数設定することが可能です。
※参考:一致フィルタと除外フィルタ – アナリティクス ヘルプ

今回は、アドバンスフィルタを複数設定する方法を例に、紹介したいと思います。

①Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」をクリックします。

Googleアナリティクスでフィルタを複数設定する方法 イメージ①

②「アドバンス」をクリックします。

Googleアナリティクスでフィルタを複数設定する方法 イメージ②

③「正規表現一致」を選択し、正規表現「|」でディレクトリやファイル名を区切りながら記述し、「適用」ボタンをクリックすればアドバンスフィルタの複数設定が完了です。
正規表現「|」は、ワイルドカードと呼ばれ、複数のアイテムのいずれかを表す場合に使用します。
記述例は、seo|other|mobile のようになります。

Googleアナリティクスでフィルタを複数設定する方法 イメージ③

上記以外の機能でも、正規表現「|」を使ってフィルタを複数指定できますので、活用できるシーンで試してみましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleアナリティクスのフィルタでスパムを除外する方法

Googleアナリティクスのフィルタでスパムを除外する方法は、「リファラースパムの除外について」で解説してますので、ぜひご参考ください。

Googleアナリティクスのフィルタの編集方法

Googleアナリティクスのフィルタの編集方法は、以下のようになります。

①Googleアナリティクスにログイン後、左メニュー下の「管理」をクリックします。

Googleアナリティクスのフィルタの編集方法 イメージ①

②一番左アカウント枠の「すべてのフィルタ」もしくは、ビュー枠の「フィルタ」をクリックします。

Googleアナリティクスのフィルタの編集方法 イメージ②

③フィルタ名をクリックすれば、フィルタの編集ができます。

Googleアナリティクスのフィルタの編集方法 イメージ③

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件は、各レポートサマリーの上部にある「セグメントを追加」機能で、以下のように活用できます。
※参考:セグメントの作成 – アナリティクス ヘルプ

①Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「ユーザー」>「概要」をクリックします。
左メニューの「集客」「行動」といったレポート概要をクリックしても大丈夫です。

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について イメージ①

②上部の「セグメントを追加」をクリックします。

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について イメージ②

③「新しいセグメント」ボタンをクリックします。

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について イメージ③

④「ユーザー属性」の年齢で複数選択や、正規表現で「|」が使えるといった「OR」条件で、いずれかの条件に適合するようにフィルタ設定ができます。

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について イメージ④

また、「条件」「シーケンス」では、「OR」ボタンをクリックして、OR条件を使用できます。

Googleアナリティクスのフィルタ「OR」条件について イメージ⑤
まとめ

Googleアナリティクスのフィルタ設定をうまく活用し、サイトのアクセス解析・改善に役立てましょう。

コンテンツ・リンクの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で順位上昇を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。