HOME内部対策 > インデックス登録されない原因・確認方法とSEOについて

インデックス登録されない原因・確認方法とSEOについて

2016/08/03内部対策[最終更新日]:2017/03/22
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleにインデックス登録し、検索エンジンにホームページを表示させることが大切です。

今回は、Googleにインデックス登録されない理由・インデックス登録の確認方法とSEOについて中心に解説したいと思います。

Googleインデックス登録されない原因・確認方法とSEOについて

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

インデックス登録とは

インデックス登録とは、インターネット検索でサイトが表示されるよう、検索エンジンにホームページを登録することです。

インデックス登録は、別名「インデックス」とも呼ばれます。

特に、新しいサイトの場合、インデックス登録し、検索エンジンへホームページの認識を促すことが大切です。

インデックス登録されない原因

インデックス登録されない場合、以下のような原因が考えられます。
※参考:URL がインデックスに登録されない – カスタム検索 ヘルプ

・Google がクロールしようとしたときに、URL が存在しないか、エラー ステータスが返される。
・Google が既にクロールしたページと、その URL のコンテンツが重複している。
・URL のコンテンツが大きすぎる(大きな PDF など)。
サイトマップにエラーがある、うまく認識されてない
・Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) に違反し、ペナルティを受けてる
robots.txtクローラーが巡回しないよう制御してる
・meta robotsタグのcontent属性の属性値 noindex を指定してる
・別のURLに向けてcanonical属性を指定してる
・新しいドメインでサイト運用を始めたばかり
・過去にペナルティを受けたドメインでサイト運用してる(中古ドメインなど)

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

インデックス登録の確認方法

サイトがインターネット検索に表示されてるか、「Googleコマンドのsite:(サイトコロン)」を使い、以下のようインデックス登録を確認することが可能です。

①Google検索でインデックス登録を確認したいドメイン「site:ドメイン名」を入力します。

インデックス登録の確認方法①

②ドメイン内(seolaboratory.jp)のページが表示され、以下のよう検索エンジンにインデックス登録されてることが確認できます。

インデックス登録の確認方法②

上記は、Google推奨のインデックス登録確認方法です。
※参考:Google のインデックスの状態を確認する – Search Console ヘルプ

その他、「タイトルタグ」や「URL」で直接Google検索し、インデックス登録を確認する方法もあります。

インデックス登録と削除について

インデックス登録されてるサイトを削除するには、大きく2パターンの方法があります。
※参考:URL 削除ツール – Search Console ヘルプ

・一時的に、Google検索結果からブロックする
・完全に削除する

一時的に、Google検索結果からブロックする
URL削除ツールを使い、Google 検索結果から Search Console プロパティのページを一時的にブロックすることができます。
※URL削除ツールを使うには、サーチコンソールの登録が必要です。

インデックス登録と削除について イメージ①

完全に削除する
コンテンツや URL を Google 検索から完全に削除するには、以下のような方法があります。

・サイト上の実際のコンテンツ(画像、ページ、ディレクトリ)を削除または更新し、ウェブサーバーで 404(Not Found)または 410(Gone)のいずれかの HTTP ステータス コードを返すようにする
・例えば、パスワードを要求し、コンテンツへのアクセスをブロックする
noindex メタタグを使用し、ページをインデックス登録しないよう指定する

Google/Yahoo/Bing(msn)にインデックス登録する方法

主要の検索エンジン(Google/Yahoo/bing(msn))にインデックス登録する方法は以下をご参照ください。

Googleにインデックス登録する場合
検索エンジンにサイト登録する方法教えます「Googleの場合」をご参照ください。

Yahooにインデックス登録する場合
→YahooはGoogle検索エンジンと統合されてるため、検索エンジンにサイト登録する方法教えます「Googleの場合」をご参照ください。

Bing(msn)にインデックス登録する場合
検索エンジンにサイト登録する方法教えます「Bingの場合」をご参照ください。

上記、主要の検索エンジンにサイト登録(インデックス登録)し、インターネット検索にホームページを表示させましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

インデックス登録されるまでの時間

インデックス登録され、インターネット検索にホームページが表示されるまでの時間には、以下のような傾向があります。

短い時間でインデックス登録されやすい
・更新性の高いサイト
・リンクが多いサイト
・ツールを使ってインデックス登録を促したサイト

インデックス登録まで時間がかかりやすい
・更新性が低いサイト
・リンクが少ないサイト
・新しいドメインで運用したばかりのサイト

短い時間でインデックス登録され、インターネット検索に表示されるよう、Google提供のツール「Fetch as Google」を活用し、ホームページの認識を促す方法があります。

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)とインデックス登録について

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の機能の一つ「Fetch as Google」を使い、インデックス登録を促す方法があります。

「新しいサイト」「久々に更新したサイト」「被リンクや内部リンクが少ないサイト」は、「Fetch as Google」を活用し、インデックス登録を促進しながら、サイト認識を早めましょう。

インデックス登録とSEOについて

インデックス登録は、最初のSEOといっても過言ではありません。

インデックス登録し、インターネット検索にホームページが表示させながら、SEO対策を進めることが大切です。

重要なページをすべてインデックス登録し、効果的なSEO対策で価値あるサイトを作り上げましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

サイトを作ったら、インデックス登録し、インターネット検索に表示させ、サイトを最適化することが重要です。

SEO対策でサイト評価を高めながら、順位上昇を目指しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。