HOME内部対策 > サイト内検索とは~Googleカスタム検索エンジンを使った設置方法

サイト内検索とは~Googleカスタム検索エンジンを使った設置方法

2016/08/19内部対策[最終更新日]:2017/03/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索を実装し、ユーザービリティを高めながら、サイト・ブログ運営することが大切です。

今回は、サイト内検索の意味、GoogleとHTMLを使ったサイト内検索設置方法、サイト内検索のSEO効果など中心に解説したいと思います。

サイト内検索とは~Googleカスタム検索エンジンを使った設置方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

サイト内検索とは

サイト内検索とは、サイト内のwebページのみ検索できる検索エンジンシステムのことです。

サイト内検索は、ブログ形式のサイト内のサイドカラムに設置されることが多いです。
サイト内検索は、ページ数(インデックス数)が多いサイトに埋もれてる必要なページを見つけるのに役立ちます。

サイト内検索の設置方法

サイト内検索の設置方法として以下のような方法があります。

・外部サービスを利用する
⇒Googleカスタム検索エンジン、無料・有料のサイト内検索サービス(asp、cgi等)を使って、サイト内検索システムを設置する方法

・自分で作成する
⇒ソースコードをカスタマイズして、自分でhtml、cgi、php、asp等活用しながら、サイト内検索を設置する方法

今回は、よく利用され、簡単に設置可能な「Googleカスタム検索エンジン」の設置方法を以下紹介します。

①Google「カスタム検索エンジンにログイン」後、左メニューの「新しい検索エンジン」から、「検索するサイト」「言語」「検索エンジンの名前」を入力し、「作成」ボタンをクリックします。

サイト内検索の設置方法 イメージ①

②左メニューの「検索エンジンの編集」から登録した「検索エンジン」を選択します。

サイト内検索の設置方法 イメージ②

③「コードを取得」をクリックします。

サイト内検索の設置方法 イメージ③

④コードをコピーし、表示させたいサイトに貼り付けることで、サイト内検索が表示されます。

サイト内検索の設置方法 イメージ④

⑤実際に設置した「Googleカスタム検索エンジン」は以下のように表示されます。

サイト内検索の設置方法 イメージ⑤

当ブログ「SEOラボ」も、Googleカスタム検索エンジンのサイト内検索を右カラムに設置してるので、必要なブログ記事探しにぜひご利用ください。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

サイト内検索とGoogleアナリティクス

サイト内検索を利用したユーザーデータをGoogleアナリティクスで以下項目で確認することが可能です。
※サイト内検索データを確認するには、Googleアナリティクスにログインするための設定・登録が必要です。

サイト内検索とGoogleアナリティクス イメージ

上記のよう確認できる指標として、「サイト内検索のサマリー」「利用状況(サイト内検索のステータス)」「サイト内検索キーワード」「検索ページ分析」があります。

「サイト内検索のサマリー」
⇒検索を伴うセッション、検索回数の合計、結果のページビュー数/検索、検索による離脱数の割合、再検索数の割合、検索後の時間、平均検索深度を中心に、サイト内検索を使用したユーザーの概要をざっくり確認することができます。

利用状況(サイト内検索のステータス)
⇒「サイト内検索があった訪問」と「サイト内検索がなかった訪問」、それぞれの検索ステータス(集客、行動、コンバージョン)が確認できます。

サイト内検索キーワード
⇒サイト内検索で使われたキーワードごとに「検索回数」「ページビュー数」「離脱」「時間」などの指標を確認することが可能です。

検索ページ分析
⇒サイト内検索で訪問したページごとのデータを確認することができます。「検索回数」「ページビュー数」「離脱」「時間」などサイト内検索キーワードと同様の指標を見ることが可能です。

上記のような、サイト内検索データを分析するには、Googleアナリティクスで設定を行う必要があります。
参考:web担当者Forum「サイト内検索をGoogleアナリティクスで分析してサイトを最適化する方法(前編) Googleアナリティクスのサイト内検索レポート設定

サイト内検索のSEO効果

サイト内検索を活用することで以下のようなSEO効果が考えられます。

トラフィック状況の改善
・サイト内検索でどんどん見たい記事に辿りつけ、直帰率、離脱率平均セッション時間などのトラフィックデータが改善でき、SEO効果を高めることができる

関連コンテンツの増加
・サイト内検索で使われる新たなキーワードで関連コンテンツが追加でき、SEO効果を高めることができる

これらのSEO効果により、サイトの価値が高まり、検索順位も上昇しやすくなるでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleコマンドsite:(サイトコロン)を使ったサイト内検索のやり方

サイト内検索で、「Googleコマンドのサイトコロン(site:)」を使った以下のようなやり方があります。

Google検索窓で、「site:(サイトコロン)」の後に、サイト内検索したい「ドメイン名」を入力します。
●例:site:seolaboratory.jp

Googleコマンドsite:(サイトコロン)を使ったサイト内検索のやり方 イメージ

上記のように、ブログサイト「seolaboratory.jp」内のインデックスされてるページがすべて表示されます。

特定のドメインで、簡単にサイト内検索できる方法としてぜひ覚えておきましょう。

まとめ

サイト内検索を上手に活用し、SEO効果を高めながら、サイトパフォーマンスを向上させましょう。

ユーザーが使いやすく役立つホームページを作り、サイト評価を高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。