HOME広告・LP・コンバージョン > リスティング広告とは~仕組み・効果・運用まとめ

リスティング広告とは~仕組み・効果・運用まとめ

2016/05/23広告・LP・コンバージョン[最終更新日]:2017/03/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告を活用し、効果的な広告を出稿しながら、サイトのトラフィックやコンバージョンを増やすことが可能です。

今回は、リスティング広告の意味・仕組み・効果・メリット・運用方法中心に解説したいと思います。

リスティング広告とは - 仕組み・効果まとめ

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

PR

リスティング広告とは

リスティング広告とは、Yahoo・Google検索結果にお金を払って表示できるテキスト広告のことです。

リスティング広告は、別名「検索連動型広告」とも呼ばれてます。

リスティング広告は、ディスプレイ広告YDNGDN)と同様、PPC広告(Pay Per Clickと呼ばれるクリック数に応じて課金される広告)の一種です。

最も有名なリスティング広告サービスが、「Yahooプロモーション広告スポンサードサーチ」である。
また、Google AdWords(アドワーズ)では、出稿先の一つとしてリスティング広告が活用できる。

リスティング広告をやる意味

リスティング広告を行い、サイトのより広い認知、トラフィック増加、コンバージョン獲得増加などサイトパフォーマンスを向上させることが可能です。

サイトを広く認知させるだけはあまり意味がなく、トラフィックやコンバージョンを増やしながら、より効果的で意味のあるリスティング広告運用を目指しましょう。

リスティング広告の仕組み

基本、利用したいリスティング広告サービスでアカウントを取得し、管理画面にログイン後、広告出稿の設定をします。

管理画面内でお金を入金し、設定した広告の審査承認後、その広告がYahooやGoogle検索結果、提携サイトに表示される仕組みです。

表示された広告がクリックされるごとに費用が発生し、入金した金額から差し引かれていきます。

入金した金額がなくなりそうになったら、再びお金を入れることで広告出稿可能です。

リスティング広告の効果・メリット

リスティング広告を効果的に出すことで、サイトに集客でき、コンバージョンを増やすことが可能です。

リスティング広告の効果を高めるには以下ポイントを抑えましょう。
・ターゲットを絞る(キーワード、サイト、客層など)
・ターゲットに合わせた魅力的でわかりやすい広告の文言にする
・広告の色、広告のサイズ、文字の大きさなどを改善する
・広告の効果測定をする(クリック数、コンバージョン数等)
・広告とリンク先サイトの整合性を高める

リスティング広告を出すだけでは、効果的では有りません。
広告を最適化し、パフォーマンスを向上させながら、リスティング広告を出稿しましょう。

広告のクリック率やリンク先の関連性等を高めることで、費用(クリック単価)が抑えられるケースもあります。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

リスティング広告の種類

YahooやGoogle以外にも、リスティング広告を展開してるサービスがいくつかありますでの、以下紹介します。

Yahooプロモーション広告
⇒Yahoo検索結果や提携サイトに広告配信できる最も有名なリスティング広告サービス。

Google AdWords(アドワーズ)
⇒Google検索結果や提携サイトに広告配信できる最も有名なリスティング広告サービス。

レモーラリスティング
⇒goo、OCN、BIGLOBE、@nifty、Exciteなどの国内向け大手ポータルサイトの検索エンジンの検索結果にリスティング広告が配信できるサービス。

D2C Listing Ads
⇒ドコモのスマートフォン、タブレット、フィーチャーフォン向けのユーザーにリスティング広告が配信できるサービス。

JWord
⇒Yahoo!を始めとする国内の主要検索エンジンの検索結果ページに年間固定でリスティング広告が配信できるサービス。

Indeed広告
⇒世界最大の求人専用の検索エンジン「Indeed」に向けてリスティング広告が配信できるサービス。

リスティング広告の費用

リスティング広告の費用は、クリック数×クリック単価で計算されます。

一般的なリスティング広告費用例:
100(クリック)×150(円)=15000円

最適化後のリスティング広告費用例:
100(クリック)×120(円)=12000円

上記のよう、より安い費用で、多くのクリック数を集めれるよう、ターゲット、広告、リンク先ページを最適化しましょう。

リスティング広告の運用方法

リスティング広告を運用するためのチェックポイントを紹介します。

・効果測定タグを設置する(配信した広告のパフォーマンスを把握するため)
・キーワードを決める
・広告配信条件を設定する(1日の予算、ターゲット等)
・広告を作成・配信する(バナー広告、テキスト広告等)
・運用中の広告のパフォーマンスを集計する(クリック数、コンバージョン数など)
・広告を最適化する(キーワード、広告の文言・デザイン、リンク先ページ内容を最適化)

リスティング広告のパフォーマンスを確認し、広告を最適化してくことが最も重要です。
広告効果をより高め、クリックされやすく、コンバージョンされやすくしながら、広告運用しましょう。

リスティング広告とSEO対策

リスティング広告とSEO対策では、ホームページに集客する方法が異なります。

リスティング広告は、リスティングを展開してるサービスに申し込み、費用をかけてホームページに集客する方法です。
SEO対策は、SEO知識があれば自分ででき、費用をかけずに実施できホームページ集客方法です。

上記より、SEO対策でホームページ最適化し、検索上位化を目指しながら、ホームページ集客するのが理想です。
さらにホームページの集客力を高める方法として、リスティング広告を活用してくとよいでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

まとめ

リスティング広告は自分でやるか、代理店に依頼することが可能です。

自分でやっても、リスティング知識が乏しいと、クリック単価が大きくなり費用がかさむケースが有ります。
初期投資はかさみますが、代理店に依頼し、効果的なリスティング広告で、費用を軽減できる可能性もあります。

どちらもメリットはありますが、予算などの方向性に合わせ、自分に合ったリスティング広告の運用をしましょう。

リスティング広告をうまく使い、宣伝・トラフィック・コンバージョン増加等、サイトのパフォーマンス向上に大いに役立てましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策教えます(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
follow us in feedly