HOMESEO基礎 > SEO対策の費用はいくら?コストパフォーマンスを上げるための豆知識

SEO対策の費用はいくら?コストパフォーマンスを上げるための豆知識

2017/03/14[最終更新日]:2017/06/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策に費用をかけて、サイトを最適化し、ホームページのパフォーマンスを向上させる方法があります。

今回は、SEO対策費用の相場、SEO対策費用の平均、SEO対策の費用対効果について中心に解説したいと思います。

SEO対策の費用はどのくらい?コストパフォーマンスを上げるための豆知識

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

SEO対策費用の相場・平均を比較

SEO対策費用の相場・平均として、以下弊社ディーボの2つの商品を例に比較したいと思います。

テキスト広告.jp
費用:166,050円(税込)/3ヶ月
内容:被リンク15本設置、内部対策アドバイスを実施

SEO Pack
費用:7,980円(税込)/1ヶ月
内容:被リンク10本、コンテンツ対策支援機能、他SEOツール一式

上記のよう、SEO対策費用の相場・平均としては、1万円~100万円単位のものまであり、サイト規模によって変わってくると思います。

また、成功報酬型、SEOコンサル、内部SEO対策SEOライティングリンク対策、固定型といったSEOサービスによってもSEO対策費用の相場・平均も変わってきます。
※参考:SEO対策 費用の相場一覧表

SEO対策の費用対効果

SEO対策の費用対効果が高い・低いといった意見があります。

SEO対策の費用対効果は、「トラフィックや売り上げ増加」といった点がポイントとなります。

SEO対策に費用をかけても、トラフィックやサイトからの売り上げ増加しなかった場合、例えば以下のようなポイントを見直す方法があります。

キーワード選定
テキストボリュームや内容
タイトルタグ
・お申し込み・問い合わせフォーム
ランディングページ
被リンク etc…

SEO対策では、「検索トラフィックを集める」ことが主体となります。
サイトのアクセス数が増えても、売り上げが上がらない場合、ランディングページやフォーム回りを改善して「コンバージョン率を上げる」ことが大切です。

そうすれば、SEO対策の費用対効果も上がりやすくなるでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

SEOコンサルの費用

SEOコンサルの費用は、3万から50万円といった以下のような相場となりそうです。
※参考:Webコンサルティング料金や費用の相場

・その場で提案
月額3万円~10万円のSEOコンサル費用。
専門知識と経験が備わってるサポートが対応し、その場で提案。

・サイトデータを分析して提案
月額10万円~のSEOコンサル費用。
Googleアナリティクスなどでサイト分析した結果に基づいて提案。

・経営やサービス全体を考えて提案
20万円〜50万円のSEOコンサル費用。
Webサイトの売り上げ向上・成功させるためのトータル的な提案。

SEO内部対策の費用

SEO内部対策の費用も、サイト規模により10万円~100万以上と大きく違うようです。
※参考:SEO対策 費用の相場一覧表

弊社ディーボ「テキスト広告.jp」のSEO対策費用には、以下のよう内部対策の費用も含まれてます。

テキスト広告.jp
SEO対策費用合計:166,050円(税込)/3ヶ月
費用の内訳:
被リンク対策 128,250円(税込)
内部対策 37,800円(税込)

一般的な価格から行けば、テキスト広告.jpの内部対策は、安い費用で実施できるのではないでしょうか。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Google検索エンジンのSEO対策費用

Google検索エンジンのSEO対策費用は、「SEO対策費用の相場・平均を比較」でも紹介したように、1万円~100万円単位のものまであり、サイト規模によって変わってくると思います。

Google検索エンジンのSEO対策は、検索数が多いキーワードほど上位表示が難しく、費用がかかりやすくなります。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

楽天SEO対策の費用

楽天SEO対策の費用は、以下のようなパターンがあるようです。

①費用合計:12万円
費用内訳:7万円 + 5万円(初期費用)
内容:100商品

①費用合計:2万円
内容:5商品

また、「【楽天SEO】楽天で月商八千万の元店長に聞いた!楽天SEOで売上10倍にする方法」で楽天SEO対策の基本を理解し、少しでも費用を抑える方法があります。

SEO対策費用の勘定科目

SEO対策費用の勘定科目は、一般的に「広告宣伝費」として仕訳されるケースが多くみられます。
※参考:ネットショップ開店のための基礎知識: SEO対策費用について

その他、コンサル代、ホームページ制作代、サーバー・ドメイン取得・更新代、リスティング広告代などの「広告宣伝費」「通信費」「業務委託費」「支払手数料」にあたる副次的なSEO対策費用の勘定科目もあるようです。

まとめ

SEO対策に費用をかけるのも一つの方法です。

重要なのは、リンクコンテンツの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で順位上昇を目指すことです。

上位化すれば、アクセスやコンバージョンが増えやすくなり、サイトからの売り上げが上がりやすくなるでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO基礎
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly