HOME内部対策 外部対策 > アンカーテキスト分散法とSEOに効果的な書き方

アンカーテキスト分散法とSEOに効果的な書き方

2016/05/25内部対策 外部対策[最終更新日]:2017/03/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンカーテキストを適切に設定し、SEO効果を高めながら、リンク対策することが大切です。

今回は、アンカーテキストの分散方法やSEO効果の高め方、htmlでの書き方等中心に解説したいと思います。

アンカーテキスト分散法とSEOに効果的な書き方

アンカーテキスト状況把握してますか?アンカーテキスト分散・割合調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

PR

アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、HTMLファイルに記述するアンカータグ(<a>~</a>)に囲まれたテキストのことをさします。

アンカータグに囲まれたテキストにはリンクが貼られ、href属性で指定したリンク先にジャンプする仕組みです。

アンカーテキストとHTML

アンカーテキストを設置するには、HTMLの知識が必要になります。

最も良く使うHTMLタグの1つ、アンカータグ(<a>~</a>)を利用し、アンカーテキストを作成します。

アンカーテキスト HTML記述例:
<a href=”http://seolaboratory.jp”>SEOの疑問を実験で解き明かすブログ「SEOラボ」</a>

アンカーテキスト分散方法

被リンクを設置する時、アンカーテキスト分散が重要になります。

アンカーテキスト分散例:
アンカーテキスト分散例

アンカーテキスト分散時の注意点として、直接的なアンカーテキストは避けましょう。
上記例で言うと、「腕時計 人気」のようなオリジナル性の低いアンカーテキストのことです。

おすすめとして、サイト名やタイトル名、キーワードを含むオリジナルな文言をアンカーテキストにすると良いと思います。

SEO効果を高めるアンカーテキストの書き方

効果的なアンカーテキストを設置することで、SEO効果を高めることが可能です。

SEO効果を高めるアンカーテキストの書き方ポイント
・キーワードを含める
・簡潔な文言にする
・リンク先がわかる内容にする
・全て違うテキストで分散する
・直接的なアンカーテキストにせず、オリジナルの内容にする

例えば、Aサイトをキーワード「SEO」で上昇させたい場合、以下のようなアンカーテキストでリンクを設置します。

Aサイトをキーワード「SEO」で上昇させたい場合、以下のようなアンカーテキストでリンクを設置

キーワードを含むさまざまなアンカーテキストで被リンクを少しずつ増やす事で、そのキーワードでの評価が高まり、そのキーワードで順位が上がりやすくなります。
その際、アンカーテキストを設置するサイトの質が高ければ、SEO効果がより高まります。

アンカーテキスト状況把握してますか?アンカーテキスト分散・割合調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

アンカーテキストとGoogleペナルティ

アンカーテキストの設置を誤るとGoogleペナルティの可能性も高まります。

誤ったアンカーテキストの設置方法
・直接的な文言のアンカーテキストにする
・リンク先のリンク切れ
・リンク先サイトの質が低い(コンテンツが乏しい、ペナルティを受けている)

このようなアンカーテキストは避け、被リンク、発リンクともに、アンカーテキストの質を高めましょう。

リンクは最も重要な要素なので、<a>アンカータグを適切に記述し、効果的なアンカーテキストを心がけましょう。

まとめ

アンカーテキストは、SEO要素で最も重要なリンクを密接な関係です。

適切で効果的なアンカーテキストを記述し、リンクの質を高めながら、SEO対策を進めましょう。

質の高いリンクを増やし、Googleの評価を高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

アンカーテキスト状況把握してますか?アンカーテキスト分散・割合調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。