HOMEGoogleアナリティクス > コンバージョンとは~CV率とGoogleアナリティクスタグ設定方法
Googleアナリティクス
コンバージョンとは~CV率とGoogleアナリティクスタグ設定方法
2016/09/20Googleアナリティクス[最終更新日]:2017/01/11
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンバージョン(CV)させ、サイト訪問者のアクション(申込・問合など)を増やしながら、売り上げ向上を目指すことが大切です。

今回は、コンバージョン(CV)の意味、コンバージョン(CV)とコンバージョン率、Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法中心に解説したいと思います。

コンバージョンとは~CV率とGoogleアナリティクスタグ設定方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
目次

コンバージョン(CV)とは
コンバージョン率とは~平均と計算方法
Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法
コンバージョンレートについて
ビュースルーコンバージョンについて
コンバージョン単価について
コンバージョントラッキングについて
コンバージョンボタンの色・デザイン
コンバージョンオプティマイザーについて
「コンバージョンに至ったクリック」廃止について
まとめ

コンバージョン(CV)とは

コンバージョンとは、サイト訪問者が申込や問い合わせ、ダウンロードなどのアクションを起こすことです。

コンバージョンは、別名「CV(シーブイ)」と言われ、英語:Conversion の略となります。

コンバージョンは、主に、コンバージョンの数や、コンバージョン率(CVR)を指標とします。

コンバージョン率とは~平均と計算方法

コンバージョン率とは、コンバージョン数の割合のことで、以下のような計算方法となります。

例、100セッション(訪問数)で、1つの申込があった場合
1(コンバージョン)/100(セッション) * 100 = 1%(CVR)
例、400クリック(広告のクリック数)で、5つの申込があった場合
5(コンバージョン)/400(広告のクリック数) * 100 = 1.25%(CVR)

上記のよう、「サイト訪問数」や「広告クリック数」など対象に合わせて、コンバージョン率を計算する方法があります。

コンバージョン率の平均として、弊社サイトを例に以下紹介します。

サイトA:57340セッション、59申込
59(コンバージョン)/57340(セッション) * 100 = 1.02%(CVR)
サイトB:3002セッション、18申込
18(コンバージョン)/3002(セッション) * 100 = 0.59%(CVR)
サイトC:4574セッション、10申込
10(コンバージョン)/4574(セッション) * 100 = 2.18%(CVR)

コンバージョン率平均は以下計算式となります。

(1.02%[サイトA] + 0..59%[サイトB] + 2.18%[サイトC])/3 = 1.26%

上記より、コンバージョン率の平均として、1.26% が一つの目安と言えそうです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法

Googleアナリティクスコンバージョンタグは、専用のタグは無く、初めに設定するトラッキングコードのタグをサイト内に埋めておけば大丈夫です。
あとは、アナリティクス管理画面で、以下のよう目標(コンバージョン)設定することが可能です。
※この機能を使うには、Googleアナリティクスの登録が必要です。詳しくは「Googleアナリティクスの使い方と設定をわかりやすく解説」をご参照ください

①Googleアナリティクスにログイン後、上部メニューの「管理」から>目標をクリックします。

Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法①

②「新しい目標」をクリックします。

Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法②

③「目標の説明」を設定します。
「名前」「目標スロットID」「タイプ」を入力・選択し、「続行」をクリックします。

Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法③

名前
・任意の目標の名前(コンバージョン名)を入力します。例:○○申込、○○問合 etc…

目標スロットID
・特に選択しなくで大丈夫です。初めに選択されてるデフォルトの目標IDで問題ありません。最大20個まで目標(コンバージョン)設定が可能です。

タイプ
・「到達ページ」「滞在時間」「ページビュー数 / スクリーンビュー数(セッションあたり)」「イベント」から目標のタイプを選択します。
それぞれのタイプに応じて、設定する指標が変わります。

④「目標の詳細」を設定し、「保存」をクリックすれば完了です。(今回は、タイプ「到達ページ」を選択した場合です。)

Googleアナリティクスコンバージョンタグ設定方法④

到達ページ
・申込完了ページのURLパスを入力します。パスのタイプは、「等しい」「先頭が一致」「正規表現」から選択可能です。


・必須ではありません。「オン」にし、商品の金額を入力しておくとわかりやすいです。

目標到達プロセス
・必須ではありません。「オン」にし、到達ページまでのURLパスを入力設定すれば、閲覧開始・離脱ページの分析ができます。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

コンバージョンレートについて

コンバージョンレートは、コンバージョンした数の割合をさします。

コンバージョンレートは、英語表記で「ConVersion Rate」、「CVR」と略されることが多いです。
コンバージョンレートは、別名「コンバージョン率」とも言われます。

ビュースルーコンバージョンについて

ビュースルーコンバージョンは、Googleの広告サービス「アドワーズ」で確認できる広告効果の指標の一つです。

ビュースルーコンバージョンは、広告を目にし、スルーしたユーザー(広告をクリックするなどのアクションをしなかったユーザー)が、後コンバージョンに至った場合にカウントされる指標です。
※参考:コンバージョン トラッキング データについて – AdWords ヘルプ 「ビュースルー コンバージョンについて」

コンバージョン単価について

コンバージョン単価は、1コンバージョン(1申込)にかかった金額をさします。

コンバージョン単価は、Googleアドワーズ広告Yahooプロモーション広告などの広告サービスを活用し、運用した場合、重要になります。

使った広告費に対し、どのくらいコンバージョン獲得できたか計算し、コンバージョン単価を出すことが可能です。

コンバージョン単価を改善し、1コンバージョンあたりの費用を安くすることがミソとなります。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

コンバージョントラッキングについて

コンバージョントラッキングを設定し、申し込みや問い合わせ、ダウンロードといったwebページからのコンバージョンを計測することが可能です。

コンバージョントラッキングは、主に、GoogleアドワーズやYahooプローモーション広告などの広告サービス利用時に必要な設定となります。

コンバージョントラッキングは、専用のタグを「申込完了webページ」に設定し、そのページにユーザーが至れば、コンバージョンカウントされる仕組みです。

ちなみに、「ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定する」では、Googleアドワーズのコンバージョントラッキング設定手順が確認できます。

コンバージョンボタンの色・デザイン

コンバージョンボタンの色やデザインを調整し、以下のようコンバージョン率を最適化する方法があります。

・コンバージョンボタンの色を変更する
コンバージョンボタンの色を緑にし、ユーザーがアクションを起こしやすい色にすることで、コンバージョン率最適化する方法

・コンバージョンボタンのサイズを調整する
コンバージョンボタンを大きくし、ユーザーが目につきやすく、クリックしやすくすることで、コンバージョン率最適化する方法

・コンバージョンボタンの文言を変更する
コンバージョンボタンの文言を調整し、ユーザーに魅力的な内容を伝えることで、コンバージョン率最適化する方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

コンバージョンオプティマイザーについて

コンバージョンオプティマイザーは、広告サービス「Googleアドワーズ」の入札戦略の一つです。
※参考:目標コンバージョン単価制 – AdWords ヘルプ

コンバージョンオプティマイザーは、目標コンバージョン単価制に改称されました。
変更点は名称だけで、予算内でコンバージョン数を最大化できるように入札単価を自動的に設定する入札戦略機能となります。

コンバージョンオプティマイザーについて
「コンバージョンに至ったクリック」廃止について

「コンバージョンに至ったクリック」は、広告サービス「Googleアドワーズ」で確認できる広告効果測定のコンバージョン指標の一つです。

「コンバージョンに至ったクリック」は2016年9月以降廃止され、サポート終了予定となり、「コンバージョン」という新たな指標に一本化されるようです。
※参考:「コンバージョン」と「コンバージョンに至ったクリック」の違いについて – AdWords ヘルプ

また、廃止理由や対策等について、「コンバージョンに至ったクリックからコンバージョンへの移行」をご参照ください。
まとめ

コンバージョンを最適化し、申込や問い合わせを増やしましょう。

広告、ランディングページSEOを活用し、コンバージョンを増やすことが大切です。

そのために、良質な広告・良質なコンテンツ良質なリンクを増やし、サイトへのアクセスを高めることが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。