SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

コンテンツとは?正しい意味や良質なコンテンツなど徹底解説!

コンテンツとは、「内容」や「中身」という意味で、英語の「contents」をカタカナ表記した言葉です。
このコンテンツという言葉は、1990年前後のIT技術の発展と共に普及しました。

また、コンテンツは主に「アナログコンテンツ」と「デジタルコンテンツ」の2つに区分できます。
前者はライブや演劇など、後者は映画、テレビ番組、Webサイトなどが該当します。
これらのコンテンツは、ユーザーによって良し悪しが決められます。

このようなコンテンツの本質を理解して、正しい知識を持ちましょう。

この点踏まえて、今回は、コンテンツの意味など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

コンテンツとは?正しい意味や良質なコンテンツなど徹底解説!

コンテンツとは何か?

コンテンツとは、英語の「contents」をカタカナ表記した言葉で、直訳すると「内容」や「中身」という意味です。
このコンテンツは、ただ単に内容を指すだけではなく「情報の中身」を表します。
とくに「各メディアを通じて提供される著作物のこと」という意味で、IT産業で良く利用される言葉です。

例えば、Webメディアを立ち上げるためにブログを活用したいとします。
このブログ(ブログ記事)が「コンテンツ」というわけです。
また、マスメディアを通じて、CM(コマーシャル)を配信したいとします。
このCM(コマーシャル)が「コンテンツ」というわけです。

コンテンツの語が使われた経緯

コンテンツの語が使われた経緯は、1990年前後のIT技術の発展がきっかけです。
もう少し言うと、1990年前後のIT技術の発展とともにコンテンツという語が一般的に普及しました。
このころの日本の法律上におけるコンテンツは狭義でした。
その後、日本はコンテンツ産業を活性化するための法律として、2004年にコンテンツ促進法(コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律)を制定しました。
この法律によって、コンテンツの語が正式に普及するきっかけになりました。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

コンテンツの区分と内容

コンテンツは、主に「アナログコンテンツ」と「デジタルコンテンツ」の2種類に大きく区分できます。

アナログコンテンツ

アナログコンテンツとは、現実に触れることができる実物のコンテンツのことです。
例えば、演劇やライブ、キャラクターグッズなどがあります。
これらのコンテンツは、より五感で体感できますが、劣化を伴うといった特徴があります。

  • 手紙や書籍、雑誌、新聞
  • CDやレコード
  • 映画

これらのアナログコンテンツは、現在、デジタルコンテンツ(電子化やストリーミング化、動画化)への変換が進んでます。

デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツとは、0と1の数字の組み合わせで処理されてデジタルデータで構成されたコンテンツのことです。
例えば、動画、ゲーム(アプリ)、Webサイトなどがあります。
これらのコンテンツは、パソコンやスマホなどの専用デジタル機器を通じていつでも新鮮な内容が取得できます。
一方、実際に触れることができないので、もどかしいといった特徴があります。

コンテンツの品質の重要性

コンテンツの品質によって、売り上げが左右します。
なので、コンテンツの品質が重要です。
この品質は、主にユーザーによって決まります。
多くのユーザーが共感(参照や良い口コミ、商品購入など)してくれることが、一般的にコンテンツの質が良い(良質なコンテンツ)と言えます。

一方、ユーザーの共感が無い、もしくは少なければ、一般的にコンテンツの質が悪いと言えます。
例えば、自分で良いコンテンツだと思ってもユーザーに全く支持されないとします。
この場合、自己満足のコンテンツとなります。
結果的に、ユーザーが集まらないコンテンツなので、売り上げ向上につながらないでしょう。

このように、ユーザー目線でコンテンツの品質を考慮することが重要になるというわけです。

コンテンツの質が良い理由

コンテンツの質が良い理由は、多くのユーザーに共感されるからです。

例えば、SEOではユーザーの求める情報(検索意図)を盛り込んだWebコンテンツを作成して公開します。
そして、このコンテンツをSNSで宣伝して、より多くのユーザーに認知させます。
そうすれば、サイト訪問してコンテンツに共感(参照や良い口コミ、商品購入など)してくれるユーザーが増えます。
結果、一般的にコンテンツの質が良いと言えるわけです。

ちなみ、オリジナリティ(他のサイトには無いユーザーが求めてる情報)などの付加価値をつければ、より共感するユーザーが増えるでしょう。

コンテンツの質が悪い理由

コンテンツの質が悪い理由は、ユーザーが共感しないからです。

例えば、自分本位で好き勝手にWebコンテンツを作成して公開します。
この場合、ユーザーの求める情報が全く盛り込まれてません。
そうなれば、作成したコンテンツにユーザーが訪問しても共感(参照や良い口コミ、商品購入など)しません。
結果、一般的にコンテンツの質が悪いと言えるわけです。

まとめ:コンテンツの本質を理解して、正しい知識を持とう

コンテンツの本質を理解して、正しい知識を持ちましょう。
そのためには、まずコンテンツの言葉の意味や使われ始めた経緯など知ることが重要です。
そのうえで、コンテンツの種類や各コンテンツの特徴を把握しましょう。

また、コンテンツには品質があります。
その品質はユーザーに共感されるか否かで決まります。
もし、ユーザーに全く共感されなければ、一般的にコンテンツの質が悪いと言えます。
こうした良くない状況を回避する為に、コンテンツの本質を理解して、正しい知識を持ちましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら