SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外する方法教えます

2017/02/21 2017/12/26

GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外し、自分のアクセスやリファラースパム等にフィルタをかけながら、サイト解析することが可能です。

今回は、GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外する方法、GoogleアナリティクスでIPアドレスを取得する方法、Googleアナリティクスの地域IPアドレスについて中心に解説したいと思います。

GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外する方法教えます

関連記事 アナリティクスの使い方について~導入から基本的な使い方・見方などまとめ

GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外する方法

GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外する方法は、「Googleアナリティクスで自分のアクセス等のIPアドレスをフィルタ(除外)する方法」で解説してますので、ぜひご参考ください。

GoogleアナリティクスでIPアドレスを取得する方法

GoogleアナリティクスでIPアドレスを取得する方法として、以下のようなサイトで紹介されてます。

・Googleアナリティクスで訪問者のIPアドレスを取得する方法
今回ご紹介する方法では、GoogleアナリティクスでIPアドレスが把握できるようになります。
やり方はとても簡単ですが、PHP が使える環境でないと仕様ができません。
WordPressなどでWebサイトを運営している場合は大丈夫です。

・【GoogleAnalytics】IPアドレスの取得方法
GoogleAnalyticsはかなり高度なアクセス解析ですが、基本的にIPアドレスの取得はできません。
しかし、カスタム変数を使えばGoogleAnalyticsでIPアドレスを取得できるようになります。

Googleアナリティクスの地域IPアドレスについて

Googleアナリティクスで分析できる「市区町村」「国」「大陸」などの地域ディメンションの値は、ヒットのIPアドレスから自動的に抽出されてます。
※参考:地理データについて – アナリティクス ヘルプ

以下のよう、Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「ユーザー」>「地域」>「地域」から地域ディメンションの値が確認できます。

Googleアナリティクスの地域IPアドレスについて イメージ

Googleアナリティクスの参照元のIPアドレスについて

Googleアナリティクスの参照元にIPアドレスが表示されることがあります。
※参考:解決済み: 参照元にIPアドレスのようなものが含まれている – Google 広告主コミュニティ

Googleアナリティクスログイン後、左メニューの「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元/メディア」から、以下のような具合で確認できます。

Googleアナリティクスの参照元のIPアドレスについて イメージ

例えば、192か172から始まる社内ネットワークからのIPアドレス(内部トラフィック)を、Googelアナリティクスのフィルタ機能で除外し、サイト解析の精度を高めることが可能です。

まとめ

GoogleアナリティクスでIPアドレスの除外フィルタをうまく活用し、アクセス解析・改善に役立てましょう。

コンテンツ・リンクの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で検索上位化を目指すことが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す