SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

検索順位が下がった原因と対策方法について

2017/10/20 2018/06/01

弊社はSEOサポートをしており、お客様から「検索順位が下がった原因と対策方法を教えてください」と聞かれることがあります。

検索順位が下がる原因として、「サイトの価値の低さ」が主な原因として挙げられます。
なぜサイトの価値が低いのかを調査して対策を見出すことで、順位上昇に向けたSEOに取り組むことができます。

今回は、検索順位が下がる主な原因と対策方法について中心にご紹介します。

検索順位が下がった原因と対策方法について

検索順位が下がった原因

Googleは常時少しずつ順位変動をさせています。
これは独自の検索アルゴリズムによってWebサイトを常に評価して、検索順位を入れ替えてるためです。
検索順位の入れ替えは、小さなものもあれば、大きい規模で動くときもあります。

基準としては、サイトの価値が低いか、高いかによって検索順位が変わります。
なので、サイトの価値が低いとGoogleに判断されれば、検索順位が下がることになります。

このことから、「一時的な調整により順位が下がった」もしくは「本格的に順位が下がった」の主に大きく2つの原因に分かれます。

順位が下がったと思う状況を把握する

順位が下がった原因を絞るために、まずは順位状況から把握してください。

ほとんどのサイトは、BULLなどの順位チェックツールを活用して、順位を管理していると思います。
順位が下がったと騒ぐ前に、状況を細かく把握する必要があります。

確認するポイント

  1. 順位が下がったのはいつか
  2. 順位が下がってから何日たつか
  3. 順位が下がったままなのか、順位が上下しているのか
  4. スマホ、PCの両方で順位が下がっているのか
  5. 何位から何位への順位低下なのか

上記のポイントから、次の対策を実施した方がいいのか、様子を見た方がいいのかを判断することができます。

検索順位が下がったときの対策方法

以前まで何位で、今が何位なのか順位がどの程度下落したかによって必要な対策が変わってきます。

  1. 1~9位 順位が下がった場合
  2. 10位~30位 順位が下がった場合
  3. 31位以上 順位が下がった場合
  4. 圏外に下落した場合

1~9位 順位が下がった

  • コンテンツ または 被リンクの調整をする

10位以内にランクインしていたサイトが、4位→5位とか1位の順位低下でも集客に大きな影響が出る可能性があります。
10位以内のサイトがコンテンツの調整を行うことで、さらに順位が下がる可能性がありますので、その際は被リンクの調整をお勧めします。
(2017年9月には、11位のサイトに被リンクをつけただけで5位といった事例が多数あります)

10位以下のサイトで、1~9位順位が下がったのであれば、コンテンツの調整か、被リンクの調整がいいでしょう。

10位~30位 順位が下がった

  • 代わりに上位化したサイトの状況を把握する
  • コンテンツ内容を見直しする
  • 被リンクも含め SEO対策を見直しする

ちょっとした調整が入った可能性があります。全体的な状況がどのようになっているのかを確認し、仮説を元に対策を見直しすることが必要です。

この程度の順位が動くことは多くありますが、我流で対策してもなかなか改善できないことが多い順位でもあります。

仮説が無くして実施しても、時間の無駄ですので、しっかり状況を把握したうえで対策実施が必要になる順位です。

31位以上 順位が下がった

  • 被リンク、コンテンツも含め SEO対策を根本から見直しする

サイト自体に大きな課題があるのか、対策キーワードの評価されるSEO要因が変化した可能性があります。
これまでどんなSEO対策をしていたとしても、リセットしてやり直しを考えた方がいいでしょう。
基本に戻り、被リンク、コンテンツの現状を根本から見直しすることが順位回復に必要と思われます。

圏外に下落した

  • ペナルティを受けていないか確認する

2017年になってから、「被リンクによるペナルティは聞かない」ですが、「コンテンツによるペナルティは発生しています」。
順位が圏外に落ちたのであれば、コンテンツに関係するペナルティを課せられた可能性があります。
サーチコンソールにメッセージが来ていないかを確認してください。

このように、サイトの状況、順位が落ちた状況によって必要な対策が異なります。

ただ言えることは、SEO対策は、被リンク、コンテンツが基礎です。
ペナルティを受けていない限り、被リンク、コンテンツによって順位を回復させることができると思います。

まとめ

順位が下がったサイトの対応方法は、それぞれ異なります。
経験からパッと見てわかる事もありますが、少しの順位が下がったサイトは詳しくデータを元に調査しないと仮説が立てられないことが多々あります。

順位が下がって困っているサイト運営者様はご相談ください。

本内容をベースに、これからのSEO対策の方向性をご案内できると思います。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら