SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Googleアナリティクスで検索ワードを分析する方法

Googleアナリティクスで検索ワードを分析し、どんな検索クエリでサイト流入したか調査しながら、アクセス解析することが可能です。

今回は、Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法、Googleアナリティクスの検索キーワード「not provided」「not set」について、Googleアナリティクスの検索キーワードが見れない件中心に解説したいと思います。

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法は、「オーガニック検索キーワード」と「検索クエリ」の2つの指標を見ます。

「オーガニック検索キーワード」の指標を見る

Googleアナリティクスにログイン後、左メニュー「集客」>「キャンペーン」>「オーガニック検索キーワード」をクリックします。

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法 イメージ①

以下のよう、検索キーワードを分析することができます。

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法 イメージ②

「検索クエリ」の指標を見る

Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「集客」>「Search Console」>「検索クエリ」をクリックします。(「集客」>「キャンペーン」>「オーガニック検索キーワード」では、閲覧できる検索キーワードが限られるため)

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法 イメージ③

そうすれば、「集客」>「キャンペーン」>「オーガニック検索キーワード」で閲覧できなかった検索キーワードが分析できます。

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析する方法 イメージ④

また、「集客」>「Search Console」>「検索クエリ」から検索キーワードを分析するには、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携が必要となります。
連携方法については、「Googleサーチコンソールとは?使い方や設定など基本を徹底解説!」で解説してますのでご覧ください。

Googleアナリティクスの検索キーワード「not provided」について

Googleアナリティクスの検索キーワード「not provided」は、GoogleやYahooサービスの常時SSL化(HTTPS化)に伴い暗号化されたオーガニック検索キーワードのことを意味し、Googleアナリティクスで確認できる指標です。

Googleアナリティクスの検索キーワード「not set」について

Googleアナリティクスの検索キーワード「not set」は、うまくデータ取得できない場合に表示されるGoogleアナリティクスの指標または値です。

Googleアナリティクスの検索キーワードが見れない・なくなった理由

Googleアナリティクスの検索キーワードが見れない・なくなった理由として、GoogleやYahooサービスの常時SSL化(HTTPS化)に伴い暗号化されたオーガニック検索キーワード「not provided」が増えたことが原因となります。

GoogleやYahooのの常時SSL化(HTTPS化)が進む最中、以下のよう、2015年⇒2016年⇒2017年にかけてどんどんオーガニック検索キーワード「not provided」が増えてることがわかります。

Googleアナリティクスの検索キーワードが見れない・なくなった理由 イメージ

まとめ

Googleアナリティクスで検索キーワードを分析し、サイトのアクセス解析・改善に役立てましょう。

コンテンツ・リンクの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で順位上昇を目指すことが重要です。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら