SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOとリスティング広告の違いから使い分けまでわかりやすく解説!

2018/11/07 2018/11/07

SEOを行ったり、リスティング広告を出稿することで、Webサイトへの集客を加速させるとともに、申込や問い合わせといったコンバージョンの増加も期待できるようになります。
そういった面で、SEOとリスティング広告は、共に同様の役割となりますが、それぞれ費用対効果や成果が得られるまでの期間が異なってきます。

例えば、SEOは無料からできる施策で、成果が出るまで時間を要します。
一方、リスティング広告は基本的に費用が発生する施策となりますが、短期間で成果が見込めます。

このように、それぞれの違いを理解したうえで、SEOとリスティング広告をうまく使い分けることが、サイトパフォーマンスを維持、向上させるためのポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、SEOとリスティング広告の違いから使い分けまでを初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOとリスティング広告の違いから使い分けまでわかりやすく解説!

SEOとは?

SEOとは、インターネット検索結果の自然検索枠でWebサイトの検索順位を 上位表示させるための対策のこと

SEOとは、GoogleやYahooなどの自然検索でWebサイトを上位表示さるための対策のことで、「SEO対策」「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。
もう少し言うと、ユーザーの利便性を最優先にしてWebサイトのコンテンツを検索エンジン向けに最適化する対策がSEOとなります。

インターネット検索結果の自然検索枠

申した通り、SEOでは、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを作成し、かつそのようなコンテンツに改善して提供することが基本となります。
そして、そのコンテンツをもとに被リンクの獲得を促しながら、Googleからより評価されやすいサイトにすることが重要となります。

このようにSEOを適切に行えば、自然検索で上位表示させることができるので、そこから自分のWebサイトへ検索ユーザーを流入させて、Web集客の加速につなげることができます。

また、SEOの知識つければ、SEO専門業者に依頼せずに自分で対策することができるので、結果的に無料からWeb集客することができるのがSEOとなります。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、専用の広告サービスにお金を払って インターネット検索結果の有料広告枠に表示できる広告のこと

一方、リスティング広告は、専用の広告サービスにお金を払ってGoogleやYahooなどの検索結果の有料広告枠に表示できる広告のことで、「検索連動型広告」「PPC広告(クリック課金型広告)」とも呼ばれます。
もう少し言うと、自然検索の上部や下部に「広告」と書かれてネイティブ広告形式で表示されるのがリスティング広告となります。

インターネット検索結果の有料広告枠

このリスティング広告は、Googleアドワーズ広告やYahooプロモーション広告が提供するリスティングサービスで入金することで、出稿できるようになります。
出稿した広告がクリックされるごとに費用がかさみますが、広告を最適化することで有料広告枠内で上位表示できるので費用対効果を高めることも可能です。

このように、リスティング広告を出稿すればすぐにサイトへ検索ユーザーを流入させることができるので、短期間で確実にWeb集客につなげることができます。
ただし、SEOとは異なり、確実に費用がかかるのがリスティング広告となります。

関連記事リスティング広告とは~仕組み・効果・運用まとめ

SEOとリスティング広告の違いについて

SEOとリスティング広告は、それぞれWeb集客におけるパフォーマンスが異なる

SEOとリスティング広告は、インターネットの検索結果から検索ユーザーをターゲットに集客することにおいては共通の対策(方法)となります。

ですが、先述したようにSEOとリスティング広告は根本的な定義が異なるうえ、それぞれWeb集客のパフォーマンスも異なってきます。
なので、ここでは、SEOとリスティング広告の違いがわかりやすいようにWeb集客のパフォーマンスを比較して表にまとめてみました。

このように異なるSEOとリスティング広告について、Web集客におけるパフォーマンスごとに触れていきたいと思います。

即効性

SEOは、まずコンテンツを作ってそのコンテンツがGoogleに認識されて評価されなければ上位表示されないので、検索流入を得るまでの期間が不確定となります。
一方、リスティング広告においては、専用の広告サービスで入金処理を済ませて、作成した広告のクリック単価を引き上げて入札額を設定すれば出稿できます。
広告を出稿することで検索結果の上部に広告が表示されるので、そこからすぐに検索流入を得ることができます。

このように、SEOで検索流入を得るには、検索エンジンの評価を伴うため時間を要する可能性が高くなりますが、リスティング広告は自分の塩梅で検索流入を得ることができるので、その分時間を要さずすぐにWeb集客が開始出来る点が大きな違いと言えます。

クリック費用

基本的に自然検索枠に表示されるサイトは、検索結果上でクリックされても費用がかからず、SEO知識があれば自分で上位表示させて無料でWeb集客を促すことができます。
一方、リスティング広告によって有料検索枠に表示されるサイトは、検索結果上でクリックされるたびに費用を費やしながら、Web集客を促す形になります。

このように、検索結果上で検索ユーザーにサイトがクリックされたときに、クリック費用が発生するか?否かという点がSEOとリスティング広告の違いになります。

クリック率

自然検索のクリック率は基本的に高く、1ページ目(1位から10位まで合わせて)で約60%以上、1位になると、20%程度のクリック率を確保することが出来るので、SEO対策でWebページ(ブログ記事)を上位表示させることができれば、より費用対効果の高いWeb集客に繋がります。
一方、リスティング広告は、検索結果上で「広告」とラベル表示されるので、広告として認識されることから検索ユーザーから敬遠されやすくなります。
ちなみに、キーワードにもよりますが、1位に表示されてもリスティング広告のクリック率は10%程度となるので、自然検索の1位よりも断然クリック率が低くなります。

このように、検索結果上でサイトが表示されたときのユーザーのレスポンス(クリック率)という点において、SEOとリスティング広告では大きな違いがあります。

関連記事検索順位別クリック率(CTR)と年代別推移まとめ

永続性

リスティング広告は、予算が取れなかったり、利用サービスの不具合などが生じれば広告出稿が停止して、そこからの検索流入が途絶えてWeb集客に支障をきたす可能性があります。
一方、SEOは、WebページがGoogleに評価されて、そのページの対策キーワードで上位表示させることができれば、そこから一定の検索流入を永続的に確保することができるので、Web集客が安定しやすくなります。

このように、とくに予算面の状況に左右されずに安定してWeb集客出るか?否か?という点が、SEOとリスティング広告の大きな違いになります。

コントロール性

SEOは、選定した1つのキーワードに特化してページ作成してそのキーワードで上位表示すれば、最終的に自分が望むターゲットユーザーをサイトに集客することができます。
ですが、ターゲットユーザーを集客するためには、コンテンツを書き換えたり、新規ページを作成する必要があり、かつGoogleの評価(Googleアルゴリズム)も絡むので、ターゲットユーザーを集客できるまで時間を要します。
なので、リアルタイムで集客したいユーザーが調整できず、このような点においてはリスティング広告よりもコントロール性では劣ります。

一方、リスティング広告は、サービスの管理画面からの基本操作となり、ターゲットや地域、時間、期間などの用意された属性から設定して入金し、作成して検索結果に表示された広告経由で集客したいユーザーを自分のWebサイトに簡単に流入させることができます。
また、管理画面から容易に、広告や属性、クリック単価など調整して、おおよそリアルタイムで集客したいユーザーが調整できるのでコントロール性に優れているのがリスティング広告となります。

このように、容易かつ即座にターゲットユーザーを集客できるか?否か?という点が、SEOとリスティング広告の大きな違いになります。

関連記事SEOとSEMの違いとは?わかりやすく解説

SEOとリスティング広告の使い分けについて

基本路線は、SEOによる検索流入を確保してWeb集客を軌道に乗せる。 その中で適宜リスティング広告でWeb集客を補填する。

SEOとリスティング広告の違いを把握することで、状況に応じてそれぞれ使い分けながらWebマーケティングを進めることが可能です。
基本的にはSEOを常に行って、Webサイトへの検索流入を安定確保するために努めることとなります。
しかし、SEOの成功には時間を要するため、「新規サイトやページを立ち上げたとき」「キャンペーンなどで短期的に集客力を上げたいとき」「Web集客が軌道に乗らないとき」などがリスティング広告を使うタイミングとなります。

このようなタイミングを見計らって、リスティング広告を出稿して、集客力が低いWebサイトやWebページに対してコストをかけて一定期間だけターゲットユーザーを引き込むようにします。
そうすることで、SEOで一時的に不足しがちな集客をリスティング広告による検索流入で補填できるので、サイトパフォーマンスを維持・高める(Web集客が停滞・減退するといった悪い影響を抑える)ことができます。

あくまでも、SEO対策を進めながら、リスティング広告で一時的に集客を補うようにしましょう。
そうしないと、先述しましたが、リスティング広告の予算面の状況によってWeb集客が滞ってしまったり、最終的に最も費用対効果の高いSEOによる安定した集客を確保することができません。

はれて、SEO対策によるWeb集客が軌道に乗れば、リスティング広告への投資を減らすなどして広告予算(広告費)の残高を調整すれば、さらに費用対効果を上げることができます。
最終的には、SEO対策だけで基本的なWeb集客が完結することを目指しながら、適宜リスティング広告を使い分けてWebマーケティングを進めましょう。
もし予算が取れれば、リスティング広告にそのまま投資して、リスティング広告とSEOの併用によるWeb集客を行えば相乗効果も見込めるでしょう。

まとめ

SEOとリスティング広告の違いを把握して、状況に応じてそれらを使い分けましょう。

とくにSEOを軸にWebマーケティングを進めることが、Webサイトの安定的な集客を確保するために重要となります。
そのためには、ユーザーの利便性を最優先したコンテンツを作成して、高品質なWebページを提供しながら、上位表示を目指すことがポイントとなります。

そうして、高品質なWebページを増やして、サイト自体の質を上げるようにホームページを運用しながら、SEO対策を進めるようにしましょう。
そうすれば、Web集客の加速につながり、最終的に申し込みや問い合わせといったコンバージョンの増加が期待できるので、ビジネス成長も見込めるようになります。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら