SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

ブラックハットSEO/ホワイトハットSEOとは~不正行為一覧とGoogleガイドラインに準拠する手法

2016/11/14 2017/12/01

ホワイトハットSEOを行い、ブラックハットSEOによるペナルティリスクを無くしながら、SEO対策することが大切です。

今回は、ホワイトハットSEO/ブラックハットSEOの意味、ブラックハットSEO一覧、Googleガイドラインに準拠してホワイトハットSEOする手法中心に解説したいと思います。

ブラックハットSEO/ホワイトハットSEOとは~不正行為一覧とGoogleガイドラインに準拠する手法

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOとは、品質に関するガイドラインに準拠しないウェブスパム(SEOスパム)でサイト構築し、検索順位を操作的に引き上げようとする不正手法です。
※参考:2.5 検索エンジン最適化について学ぶ – Search Console ヘルプ

ブラックハットSEOは、Googleペナルティのリスクがあり、逆に検索順位下落の可能性を高めるSEO対策です。

ブラックハットSEOは、隠しテキストや隠しリンク、キーワードの乱用などが代表的な手法としてあります。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、Googleガイドラインに準拠し、ユーザーに重点を置きながらサイト改善する手法です。
※参考:2.5 検索エンジン最適化について学ぶ – Search Console ヘルプ

ホワイトハットSEOは、ペナルティのリスクを抑え、サイトの価値を効果的に高めることができます。

ブラックハットSEO一覧

ブラックハットSEO一覧として、以下のようなウェブスパムがあります。
※参考:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

・コンテンツの自動生成
自動生成コンテンツで特定の検索キーワードを含むでたらめな内容の段落で構成されるプログラムによって生成されたコンテンツは、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・リンク プログラムへの参加
「ウィジェットリンクやフッターリンクなどのさまざまなサイトに分散するリンク」や「相互リンクのみを目的としたリンク」などの低品質なリンク対策は、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
テーマについて他サイトから複製・自動生成コンテンツなど独自見解がほとんどまたはまったく記述されずボリュームのない低品質コンテンツは、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・検索エンジンとユーザーに異なるコンテンツ・URLを表示
不正なリダイレクトやクローキングは、検索エンジンとユーザーに異なるコンテンツを認識させる、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・隠しテキストと隠しリンク
文字を極端に小さくしたり、webページの背景と同色にするなど、ユーザーではなく検索エンジンのみを対象としたテキストやリンクにする行為は、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・誘導ページ
「独自コンテンツが無いリンクのみのページ」や「ドメイン別の地域や都市で作られた複数ページ」から特定コンテンツへ誘導する行為は、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・コンテンツの無断複製
他サイトのコンテンツを複製し、独自コンテンツや参照リンク、付加価値の無い、埋め込んだだけのサイトは、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
独自のコンテンツや付加価値がない内容の薄いアフィリエイトサイトは、ウェブユーザーの利便性を妨げる原因となり、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法となる恐れがあります。

・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
上位表示を目的としたキーワードの繰り返し使用や単語や語句・数字を不自然に羅列する行為は、ユーザーの利便性を低下させる、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
ユーザーの予想と異なるコンテンツやソフトウェアを配布し、悪意のある動作を伴うページを作成する行為は、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

・リッチ スニペット マークアップの悪用
ウェブページに存在しない構造化データの埋め込み、販売価格の偽装などクリック数増加を目的にリッチスニペットを悪用する行為は、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。
※参考:SEM R 米Google、リッチスニペットスパムへの対処を開始

・Google への自動化されたクエリの送信
Googleから明示的な許可を事前に得ず、自動化されたクエリをGoogleのシステムに送信する行為は、Googleガイドラインに準拠しないブラックハットSEO手法です。

また、「スパムサイトの種類・チェックすべき行為とSEO対策」でも、ブラックハットSEOに関する情報をまとめてますので、合わせてご覧ください。

Googleガイドラインに準拠してホワイトハットSEOする手法

Googleガイドラインに準拠し、以下のようホワイトハットSEOする手法が述べられてます。
※参考:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

・ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成
ユーザーがわかりやすく、使いやすいコンテンツにし、ページの価値を高めながら、ホワイトハットSEOする

・ユーザーをだまさない
クローキングや不正リダイレクトは止め、ユーザーが予想した結果に見合うコンテンツを提供しながら、ホワイトハットSEOする

・不正行為(ブラックハットSEO)しない
ブラックハットSEO一覧」で紹介したようなウェブスパム行為は止め、Googleペナルティのリスクを抑えながら、ホワイトハットSEOする

・他サイトとの差別化を図る
独自の見解や付加価値入れたオリジナルコンテンツを提供し、他サイト差別化しながら、ホワイトハットSEOする

ホワイトハットSEO/ブラックハットSEOとGoogle言及

ホワイトハットSEO/ブラックハットSEOについては、以下のGoogle公式サイトでも言及されてます。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトをより高く評価するために
このページでGoogleは、ホワイトハットSEOを行う人々(またはまったく検索エンジン最適化をしていない人々)が素晴らしい、魅力的なサイト制作に専念できるよう願っていると締めくくってます。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: サイトの制作や集客を外注しているサイトオーナーのみなさまへ
このページでGoogleは、検索エンジンを欺く不正行為(ブラックハットSEO)に対し、スパム対策実施を言及してます。

まとめ

ホワイトハットSEOで、ユーザーの利便性を高めましょう。

ユーザーがわかりやすく・使いやすいコンテンツを増やし、サイトの価値を高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

本日の順位変動幅順位変動情報へ