SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOに強い文章の書き方!SEOに強い文章を書くためのポイントについて

SEOに強い文章を書くためには、ユーザーの検索意図を考慮します。
例えば、ユーザーの求める情報を盛り込んで検索クエリと関連性を高めるように文章を記述します。

そうすることで、Google(検索エンジン)に評価されやすい文章が提供できるので、その文章が踏襲されたコンテンツ(ブログ記事)の検索順位が上がりやすくなります。

一方、ただ自分の書きたいことだけ綴って独自性のみ重視した文章内容を提供しても、その文章にはユーザーの求める情報が盛り込まれてないので、最終的にGoogleに評価されづらい文章となります。
こうした状況を回避して、ユーザーの検索意図を考慮した検索クエリと関連性の高い文章内容のコンテンツを提供することが、SEOにおいて重要となります。

この点踏まえて、今回は、SEOに強い文章の書くためのポイント(書き方・コツ)について中心に、初心者にもわかるようにポイントをまとめて紹介したいと思います。

SEOに強い文章を書くためのポイントについて

SEOに強い文章の書くためのポイントについて

「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」を考慮して、 SEOに強い文章を書こう!

SEOに強い文章を書くには、「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」を考慮します。
もう少し言うと、ユーザーが求める情報を綴って、その情報の信憑性や読みやすさなどを加味しながら、文章を書きます。

こうして、ユーザーがより満足するような文章を書きながら、SEO対策を進めることが上位表示を目指すためのポイントとなります。

ユーザーの検索意図を盛り込んだ文章にする

競合上位サイトの傾向からユーザーの検索意図を把握しよう! そして、ユーザーの求める情報を適量適所で文章化しよう!

ユーザーの検索意図を盛り込んだ文章にするには、競合上位サイトの傾向を考慮します。
もう少し言うと、あらかじめ選定したSEOキーワードで検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用して、その傾向を自分のWebページに落とし込んで文章化します。

こうして、ユーザーが求める情報を盛り込んで、その情報を適量適所で記述することがSEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

ユーザーが求める情報を書く

競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容からわかる、 ユーザーの求める情報を文章に盛り込もう!

ユーザーが求める情報を書くには、まずSEOキーワード(上位表示したいキーワード/対策キーワード)で実際に検索します。
SEOキーワードで検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用して、その傾向を自分のWebページに落とし込んで文章化します。

例えば、競合上位サイトのコンテンツ内容に「SEO対策の方法について」の記載があれば、その内容を採用して自分のコンテンツにも落とし込んで文章化するといった具合です。
その際には、合わせてオリジナリティも考慮しましょう。

こうして、ユーザーが求める情報を記載しながら検索意図を盛り込み、かつ独自性を考慮することが、SEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

また、共起語から検索ユーザーが求める情報を模索して、文章化するといった方法もあります。

ユーザーが必要とする情報量にする

競合上位サイトのコンテンツ量を把握して、 必要な情報量を記載しよう!

ユーザーが必要とする情報量にするには、競合上位サイトのコンテンツの文章量を考慮します。
例えば、SEOキーワードで実際に検索して表示される競合上位サイトのコンテンツの中身を見て、文字数がどの程度か?を把握します。
文字数が多い競合サイトが多く見られた場合、その分ユーザーが必要としてる情報量であることがわかるので、その情報量を目安に自分のコンテンツも文章化します。

このときに注意したいのが、ただ文字数を増やせばいいというわけではありません。
あくまでも、ユーザーが求める情報をわかりやすく記載したうえで、単語数などを考慮しながら文字数を担保していくことが重要となります。

こうして、ユーザーが必要とする情報量を記載しながら検索意図を考慮することが、SEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

ユーザーが求める箇所に情報を書く

競合上位サイトのコンテンツがどんな順番で記載されてるか?把握して、 並び順を考慮した文章にしよう!

ユーザーが求める箇所に情報を書くには、競合上位サイトのコンテンツの見出しの並び順を考慮します。

例えば、SEOキーワードで検索して表示される競合上位サイトのコンテンツの目次や見出しの並び順を確認します。
その並び順を採用して、自分のコンテンツの目次を作成し、その目次順に合わせて見出しを書くようにします。
その際は、タイトル名との整合性も考慮しましょう。

こうして、ユーザーが求める情報を適切な箇所に記載しながら、検索意図を考慮することが、SEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

信頼性の高い文章にする

「信憑性」「オリジナリティ」「網羅性」を考慮して、 信頼性の高い文章にしよう!

信頼性の高い文章にするには、「信憑性」「オリジナリティ」「網羅性」を考慮します。
もう少し言うと、公式や公共のWebサイトにある情報を引用して真実味のある情報を盛り込んで文章化します。
また、自分の経験や体験など踏まえた独自の言い回しや、トピックに関する豊富な情報を合わせて盛り込んで文章化するようにします。

こうして、ユーザーに信頼されるような情報を少しでも多く含めて記述することが、SEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

信憑性の高い情報を引用する

公式サイトや公共サイト、有名サイトといった ドメインパワーが高いサイトの情報ソースを引用して 信憑性のある文章を書こう!

信憑性の高い情報を引用するには、ドメインパワーが高いサイトの情報を引用します。

ドメインパワーが高いサイトは、基本的に公式サイトや公共サイト、誰もが知ってるような有名サイトが該当します。
こうしたサイトの情報ソースを引用して、自分のコンテンツの文章を書くようにします。

引用する際は、専用のHTMLタグ「blockquoteタグ」でマークアップして、引用元のリンクURLを記述しましょう。

こうして、少しでも真実味のある情報を記載しながら、信頼性を考慮することがSEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

とくに、この信憑性は、YMYL系のテーマを扱ってるコンテンツにおいて重要な指標となります。

オリジナリティを盛り込む

自分の体験や経験談など踏まえた言い回しを盛り込んで 独自性のある文章を書こう!

オリジナリティを盛り込むには、自分の考えを踏まえた言い回しを考慮します。

例えば、あるテーマに対して自分が培ってきた経験談や体験談を含めて、基本的な情報をより膨らますように文章化します。
その際には、あくまでも検索意図を考慮したうえで、独自性を盛り込みましょう。

こうして、唯一無二の役立つ情報を記載しながら、信頼性を考慮することがSEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

一方、競合サイトとまったく同じ文章を記載したコピーコンテンツを提供しても、ユーザーの利便性が低下するだけです。
そうしたコンテンツはGoogleから低評価を受けると同時に、信頼性が陥落します。

網羅性を高める

テーマに沿って内容を深く掘り下げて、 より多くの情報を引き出しながら、網羅性の高い文章を書こう!

網羅性を高めるには、トピックを深く掘り下げることを考慮します。

例えば、テーマ(タイトル名)に沿って情報をより深く掘り下げて、ユニーク単語数を増やすように文章化します。
もう少し言うと、まず、テーマに沿って書く情報をあらかじめリスト化して、そのリストをより細分化して目次を作ります。
そして、その作成した目次に習って見出し化し、文章を記述するようにします。

こうして、1つのテーマに特化した豊富な情報を記載しながら、信頼性を考慮することがSEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

ちなみに、テーマに沿った目次が細分化できてないと、その分コンテンツが抜け落ちて網羅性が低くなる可能性があります。
網羅性が低くなるだけでなく、セクションごとの文章が冗長になったりするので、ユーザーの利便性の低下に繋がります。

また、「コンテンツSEO」や「ロングテールSEO」も網羅性を高めるうえで、重要なSEO施策となります。
こうした施策で、関連コンテンツを増やして、内部リンクを強化していくことが網羅性を高めるためのポイントとなります。

ユーザビリティを考慮した文章にする

校正や校閲したり、メリハリをつけて読みやすい内容にしながら、 ユーザビリティを考慮した文章にしよう!

ユーザービリティを考慮した文章にするには、読みやすさを考慮します。
もう少し言うと、誤字や脱字を無くしたり、行間や余白、文言に装飾を施すなどして文章を仕上げます。

こうして、メリハリをつけて適度に際立たせた読みやすい内容を記述することが、SEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

読みやすい内容にする

校正や校閲して見直したり、装飾してメリハリを付けながら、 読みやすい文章を書こう!

読みやすい内容にするには、校正や校閲したり、メリハリをつけます。
もう少し言うと、抑揚をつけて適度に際立たせたり、綴りの精度を高めた文章にします。

  • 誤字脱字を無くす
  • 文章表現を見直す
  • 余白や行間、文字間を広く取る
  • 下線やハイライトを引く
  • 文字色や文字サイズを変える
  • 太字や斜体にする
  • 画像を使う

こうして、可読性や視認性、判読性を高めて読みやすい内容にしながら、ユーザビリティを考慮することがSEOに強い文章を書くためのポイントとなります。

ちなみに、メリハリの無いデザイン面が乏しいテキスト文章だけが記述されてたり、文章の正確性が低いコンテンツは、離脱率が高く、滞在時間が少ない状況に陥りやすいです。
こうした状況から、読みずらいコンテンツであることが読み取れます。
そうなれば、ユーザビリティの低いコンテンツとみなされて、Googleから低評価を受ける可能性があります。

まとめ

ユーザーの利便性を最優先に考慮して、SEOに強い文章(SEO効果の見込める文章)を書きましょう。

そのためには、検索意図を盛り込んだり、信頼性やユーザビリティが高まるような文章を記述することが重要です。

そうした文章を記載した良質なコンテンツを作成して提供し、被リンクが集まりやすいサイトを構築しながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」となります。

SEO対策の無料ご提案はこちら

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら