SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Googleアップデート】2021年1月のアップデート徹底解説!

2021年1月のGoogleアップデートは、主に5回ありました。
もう少し言うと、1月8日、1月9日、1月14日、1月25日、1月27日付近の計5回です。
これらの日にち付近で、namaz.jpの順位変動幅が通常より大きくなってます。
とくに、1月8日のGoogleアップデートによる順位変動が一番目立ちました。

この点踏まえて、今回は、2021年1月のGoogleアップデート中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

【Googleアップデート】2021年1月のアップデート徹底解説!

Googleアップデートの順位変動幅

2021年1月のGoogleアップデートによる順位変動幅を全体平均とキーワードジャンル別に分けて紹介します。

全体平均

全体平均の順位変動幅を、一部の海外ツールを参考に紹介します。

2021年1月のMozCastのGoogle順位変動幅状況

※出典:MozCast

2021年1月のSERPmetricsのGoogle順位変動幅状況

※出典:SERPmetrics

2021年1月のSEMrushのGoogle順位変動幅状況

※出典:SEMrush

キーワードジャンル別

2021年1月のGoogleアップデートは、とくに1月8日付近が最も目立つものでした。
その1月8日付近のGoogleアップデートによって「健康と医学」や「財務、金融、法律」のYMYLジャンルを筆頭に通常時よりも順位変動幅が大きくなってます。

こうした状況から、通常よりも全体的に順位変動幅が増大してる状況です。

今回のアップデート前後の平均順位変動幅(ジャンル別)

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

Googleアップデートによる検索への影響

2021年1月のGoogleアップデートによって、日本や海外の検索に少なからず影響が及んでます。

国内サイト

2021年1月のGoogleアップデートによって、当社が管理するキーワードや当ブログ「SEOラボ」といった国内サイトの検索パフォーマンスに少なからず影響が及んでます。

キーワード順位

2021年1月のGoogleアップデートにより、一部キーワードの検索順位に影響が出ています。

キーワードボリューム:100~1000 キーワードジャンル:IT キーワード語数:単ワード 1位から6位に下落!
過去12か月間1位表示されていたキーワードが、1月8日に5位まで順位が下落。現在も低順位で推移中。

2021年1月のキーワードAの検索順位推移

キーワードボリューム:1000~1万 キーワードジャンル:IT キーワード語数:単ワード 9位から100位圏外に下落。
当初9位から18位付近を推移してたが、1月10日に9位から100位圏外に下落。その次の日には14位まで回復中。

2021年1月のキーワードBの検索順位推移

当ブログ「SEOラボ」

当ブログ「SEOラボ」の検索順位と検索トラフィックへの影響について紹介します。

当ブログ「SEOラボ」のキーワード順位をサーチコンソールの検索パフォーマンス「掲載順位」から見てみると、アップデート前(2021年1月8日)は「12.5位」に対して、アップデート後(2021年1月15日)は「12.3位」です。
なので、掲載順位が上昇してます。

SEOラボのサーチコンソールの検索パフォーマンス「掲載順位」

掲載順位の上昇が絡み、検索でのクリック数が増加してます。(アップデート前(2021年9月13日)は「2416」に対して、アップデート後(2021年1月15日)は「2762」までクリック数が下落)

SEOラボのサーチコンソールの検索パフォーマンス「検索でのクリック数」

また、2021年1月8日以降の検索クリック数の推移が右肩上がりに増加してます。
このことから、2021年1月のGoogleアップデートでSEOラボは良い評価を受けたと言えるでしょう。

海外サイト

また、2021年1月のGoogleアップデートによる検索への影響が、海外サイトでも複数報告されてます。

Googleアップデートで評価されたサイトのSEO対策方法

先述したように、SEOラボは、今回のアップデートでGoogleから良い評価を受けました。
こうした良い成果を得るために、SEOラボではいくつかSEO対策しました。

その対策内容について、無料のSEOレポート(Googleアップデートで評価されたサイトのSEO対策方法【2021年1月版】)にまとめました。

Googleアップデートで評価されたサイトのSEO対策方法【2021年1月版】

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、100本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
⇒ Googleアップデートで評価されたサイトのSEO対策方法【2021年1月版】

Googleアップデートの影響を活かして、SEO対策しよう

Googleアップデートの影響によって、サイトの評価が分かれやすいです。
例えば、2021年1月のアップデートで、SEOラボの検索でのクリック数が増加しました。
つまり、Googleから良い評価を受けたということです。

一方、今回のアップデートで検索でのクリック数が減少して、Googleから悪い評価を受けたサイトもあるでしょう。
こうした悪い状況を回避する為に、サイト構造やユーザーの検索意図を見直します。
具体的には、複雑なカテゴリ構造をシンプルにしたり、内容希薄な古いコンテンツの検索意図を見直してリライトします。
そうすれば、サイトの品質が上がるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

このように、Googleアップデートの影響を活かして、SEO対策を進めましょう。

もし、Googleアップデートで検索順位や検索トラフィックが下がったり、回復に至ってない、SEO対策する時間がない等の悩みがある場合は、 弊社でサイトの欠点を調査して、上昇に必要な対策をご案内します(無料)
ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら