SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

SEOキーワードの設定方法をわかりやすく解説

2018/04/23 2018/04/23

SEOキーワードを設定して検索クエリと整合性を高めながら、ページごとにパフォーマンスを上げることが大切です。

今回は、SEOキーワードの設定方法(入れ方)についてわかりやすく解説したいと思います。

SEOキーワードの設定方法(入れ方)をわかりやすく解説

SEOキーワードを設定する(入れ方)

SEOキーワードをページの以下要素に設定していきます。

タイトル

SEOキーワードをページのタイトル(titleタグ)の前方に設定します。

SEOキーワードが「SEO対策」の場合

HTML記述例:

検索結果表示例:

ページのタイトル(titleタグ)の前方にSEOキーワードを設定

このようにSEOキーワードを前方に含めて簡潔な内容にしながら、検索クエリとの関連性を強調しましょう。

ディスクリプション

SEOキーワードをディスクリプション(meta descriptionタグ)の前方に設定します。

SEOキーワードが「SEO対策」の場合

HTML記述例:

検索結果表示例:

ディスクリプション(meta descriptionタグ)の前方にキーワードを設定

このようにタイトルと同様、SEOキーワードを前方に含めて簡潔な内容にしながら、検索クエリとの関連性を強調しましょう。

見出し

SEOキーワードをページの見出し(hタグ)に設定します。

例、SEOキーワードが「SEO対策」の場合

HTML記述例:

デザイン例:

ページの見出し(hタグ)にSEOキーワードを設定

上記のように、SEOキーワードを含む見出しをhタグで囲んで、重要な文言を検索エンジンに伝えながら、かつ検索クエリとの関連性を高めましょう。

本文(コンテンツのテキスト文章内)

SEOキーワードをページの本文(コンテンツのテキスト文章内)に設定します。

例、SEOキーワードが「SEO対策」の場合

ページの本文(コンテンツのテキスト文章内)にSEOキーワードを設定

このように、冒頭や末尾中心にSEOキーワードを含めてセクションごとに文章をまとめながら、検索クエリとの関連性を高めましょう。

また、画像の場合、alt属性に画像の説明を簡潔に記述したうえで、必要に応じ文脈に合わせて適宜SEOキーワードを設定しましょう。

ポイント 適切にキーワードを含め、あくまでも自然な文言、文章を意識し、ユーザーが理解しやすい内容にすることが重要です。
数は決まってませんが、不自然な程の過剰なキーワード設定は、Googelガイドライン違反によりペナルティを課され、サイトの評価が落ち、検索順位の下落、インデックス削除を招きます。

SEOキーワードの重要性

SEOキーワードの重要性について、Google公式に以下のように言及してます。

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

このことから、SEOキーワードを含めて検索クエリと整合性の高いページを作る必要があることが読み取れます。

つまり、「検索クエリ」と「タイトル、コンテンツ内容」のマッチ度を高めて一貫性のあるページを作りながら、検索ユーザーが求める情報を提供することが重要と言えます。

まとめ

タイトルや見出し、文章の冒頭、末尾を中心に意識してSEOキーワードを設定しましょう。

Googleガイドラインに準拠してユーザーの利便性を考慮したページにしながら、上位化を目指すことが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す