SEOの実験やデータ分析など公開

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

検索順位が上がらない理由とは?原因やSEO対策、注意点など徹底解説!

SEO

検索順位が上がらない理由は、SEOの質が低いからです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

一方、SEO対策の質が良ければ、Googleに評価されやすくなります。
具体的には、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドやGoogle検索の基本事項、検索品質評価ガイドラインなどのGoogle公式のSEOガイドラインを考慮してサイト構築します。
そうすれば、サイト(コンテンツ)の品質が高まりやすいので、Googleに評価されやすくなります。
結果、検索順位チェッカーなどの検索順位チェックツールで確認したときに、検索順位が上がる傾向が見られるでしょう。

こうした良い状況にするために、検索順位が上がらない(上位にこない/上位表示されない)理由を把握して、適切な対策をしましょう。

この点踏まえて今回は、検索順位が上がらない理由や注意点など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

検索順位が上がらない理由とは?原因やSEO対策、注意点など徹底解説!

検索順位が上がらない理由(原因やSEO対策)

検索順位が上がらない理由がいくつかあります。

  • 検索意図がズレてるから
  • タイトルタグにキーワードが無いから
  • Googleペナルティを受けてるから
  • クローラビリティが低いから
  • E-E-A-Tが低いから
  • サイト(ページ)が新しくてインデックス登録に時間がかかってるから
  • キーワードカニバリゼーションによって評価が分散してるから
  • 被リンクが少ないから
\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

検索意図がズレてるから

検索順位が上がらない理由は、検索意図がズレてるからです。

例えば、上位表示したいキーワードで検索して表示される競合サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用せずに、自分の思ったことだけを綴って自己満足のコンテンツを作成します。
この自己満足のコンテンツは、検索ユーザーの求めてる情報が含まれません。
つまり、検索意図がズレます。
結果、Googleに評価されづらいので検索順位が上がらないでしょう。

このように、検索意図がズレてるので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、ユーザーの検索意図を盛り込んで自身のコンテンツを作成します。

タイトルタグにキーワードが無いから

検索順位が上がらない理由は、タイトルタグにキーワードが無いからです。

例えば、タイトル名「つみたてnisaをやるにはどうしたらよいか?初心者向けに解説!」には、「つみたてnisa 始め方」という上位表示したいキーワードが含まれていません。
つまり、タイトルタグにキーワードがありません。
そうなれば、検索クエリとの関連性が低くなるので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないでしょう。

このように、タイトルタグにキーワードが無いので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、上位表示したいキーワードをなるべく前方に含めるようにタイトル名を記述して、タイトルタグを作成します。

Googleペナルティを受けてるから

検索順位が上がらない理由は、Googleペナルティを受けてるからです。

例えば、サーチコンソールの手動による対策レポートに「サイトへの不自然なリンク」などのメッセージが表示されてるとします。
この場合、Googleのスパムに関するポリシーに違反してます。
つまり、Googleペナルティを受けてます。
結果、検索順位が下がったり、検索結果から除外(インデックス削除)されるでしょう。

このように、Googleペナルティを受けてるので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、サーチコンソールの手動による対策レポートに表示されたメッセージ内容に沿って対象のページやサイトの問題を修正します。問題を修正したら、再審査リクエストします。具体的には、手動による対策レポート画面で「審査をリクエスト」ボタンをクリック後、修正した内容を記述して「リクエストを送信」のリンクをクリックすれば再審査リクエストが完了します。
Googleにリクエストが届けばメールで通知されるので審査が開始されたことが確認できます。審査が完了したときにもメールで通知されます。再審査は数日から数週間かかり、手動による対策が解除されると「再審査リクエストが承認されました」というメッセージが届きます。つまり、Googleペナルティが解除されて、検索順位が下がったり、検索結果から除外(インデックス削除)が無くなります。解除されていないと「再審査リクエストは不承認となりました」というメッセージが届くので、この場合は改めて問題を修正します。

クローラビリティが低いから

検索順位が上がらない理由は、クローラビリティが低いからです。

例えば、ページネーションによる一覧ページの表示制限によって、4ページ目や5ページ目に表示される記事リンクはリンク階層が深いです。
リンク階層が深いとGooglebotがクロールをやめてしまう(クロールしにくくなる)可能性が高まります。
つまり、クローラビリティが低いです。
結果、重要なページがインデックスされづらいので、検索順位が上がらないでしょう。

このように、クローラビリティが低いので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、トップページから2クリック以内で各記事へ到達できるようにリンク階層を浅くします。
また、XMLサイトマップの設置や質の高いページの作成、重複ページを無くすなどします。

E-E-A-Tが低いから

検索順位が上がらない理由は、E-E-A-Tが低いからです。

例えば、トピッククラスターを無視してサイト構築したり、自身の体験談がほぼない文章を綴ってWebページを作成します。
また、SNSで自身のサイトの宣伝を疎かにします。
この場合、サイトの専門性が低く、トピックにおける経験の量が少なく、ブランディングが促進できないので権威性が高まりません。
つまり、サイトの信頼性が上がらないので、E-E-A-Tが低いです。
結果、Googleに評価されづらいので、検索順位が上がらないでしょう。

このように、E-E-A-Tが低いので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、とくにトピッククラスター対策をしてトピックにおいて専門性が高いサイトを構築します。
そのサイトの各ページのコンテンツ内容には、自身の体験談を含めるようにしてWebページを作成します。作成したWebページをSNSで宣伝しましょう。

サイト(ページ)が新しくてインデックス登録に時間がかかってるから

検索順位が上がらない理由は、サイト(ページ)が新しくてインデックス登録に時間がかかってるからです。

例えば、これについてGoogle公式に言及してます。

サイトやページが新しい場合は、まだクロールやインデックス登録自体が行われていないことが理由で、Google インデックスに含まれていない可能性があります。新しいページが公開されてから Google によるクロールが行われ、さらにインデックスに登録されるまでには、しばらく時間がかかります。インデックス登録が完了するまでにかかる時間は、一般的に合計で 1 日から数週間と、さまざまな要因によって変動します。
※引用元:Google 検索で自分のページが見つからない場合 – Search Console ヘルプ

このことから(つまり)、Google検索の仕組み上、サイトやページが新しい場合は一般的に1日から数週間、インデックス登録に時間がかかります。
結果、Google検索結果に表示されない期間があるので、その期間は検索順位が上がらないでしょう。

このように、サイト(ページ)が新しくてインデックス登録に時間がかかってるので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、URL検査ツールでインデックス登録を促進したり、XMLサイトマップを送信してインデックス登録したいサイトのURLリストをGoogleに伝えましょう。

キーワードカニバリゼーションによって評価が分散してるから

検索順位が上がらない理由は、キーワードカニバリゼーションによって評価が分散してるからです。

例えば、「seo」というキーワードで最適化したAページがあり、「seo html」というキーワードで最適化したBページがあります。
本来なら「seo」というキーワードで検索したときにAページが表示されてほしいですが、Bページが表示されます。
この場合、「seo」というキーワードで検索したときにBページも認識されてしまい、AページとBページに評価が分散されてしまってる状況です。
つまり、キーワードカニバリゼーションによって評価が分散してます。
結果、Googleに評価されづらいので、検索順位が上がらないでしょう。

このように、キーワードカニバリゼーションによって評価が分散してるので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、評価されたくないページのタイトルタグや見出しタグ、文章内のキーワードを削除したり、評価されたいページへのアンカーテキストにターゲットキーワードを含めて内部リンクや被リンクを増やしましょう。

被リンクが少ないから

検索順位が上がらない理由は、被リンクが少ないからです。

この被リンクの量は、検索順位に直接的な影響があることをGoogel公式に言及してます。

Google 検索が成果を出し続けている理由は、何百万人ものユーザーがウェブサイトに張ったリンクを参考に、どのサイトが価値のあるコンテンツを提供しているかを判断しているためです。Google では、200 以上の基準と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。特許を取得した PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最も良い情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。
※引用元:Google が掲げる 10 の事実 – Google

このことから(つまり)、Google検索の仕組み上、被リンクの数が多ければ効果も高まります。
一方、被リンクが少なければ、効果が期待できないので検索順位が上がりづらいでしょう。

このように、被リンクが少ないので、検索順位が上がらないというわけです。

検索順位が上がらないときの対策は、品質の高いサイトを作成します。そのサイトを積極的にSNSなどで宣伝してユーザーに参照されやすくしましょう。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

検索順位が上がらないときに避けたいこと

検索順位が上がらないときに避けたいことは、スパムに関するポリシーに違反した対策をすることです。

例えば、Googleウェブ検索のスパムに関するポリシーに記載されてるクローキングや隠しテキストと隠しリンク、キーワードの乱用、リンクスパムなどします。
つまり、スパムポリシーに違反した対策をします。
そうなれば、Googleからペナルティを受けて、検索順位が下がったり、インデックス削除されやすくなります。
結果、検索順位が上がらないでしょう。

こうして、スパムポリシーに違反した対策をすることが、検索順位が上がらないときに避けたいことです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

検索順位が上がらない理由を把握して、適切な対策をしよう

検索順位が上がらない理由を把握して、適切な対策をしましょう。

一方、SEO対策の質が良ければ、Googleに評価されやすくなります。
具体的には、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドやGoogle検索の基本事項、検索品質評価ガイドラインなどのGoogle公式のSEOガイドラインを考慮してサイト構築します。
そうすれば、サイト(コンテンツ)の品質が高まりやすいので、Googleに評価されやすくなります。
結果、検索順位が上がりやすくなるでしょう。

こうした良い状況にするために、検索順位が上がらない理由を把握して、適切な対策をしましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く「SEOラボを友だち追加」