SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Googleで検索上位にする方法について

2018/11/19 2018/11/20

Googleで検索上位にするには、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を考慮してユーザーの利便性を最優先にしたWebサイトを提供する必要があります。
そのためには、高品質なコンテンツを含むページを増やして、Webサイト自体の質を上げながらSEO対策を進めることが重要となります。
また、作成した高品質ページを宣伝して、より多くのユーザーに認知させながら、被リンクの獲得を促すことも必要となります。

そうすれば、Googleにページ単位、サイト単位で評価されやすくなるので、今以上に検索上位化が期待できるようになります。

この点踏まえて、今回は、Googleで検索上位にする方法について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

Googleで検索上位にする方法について

Googleの検索順位の仕組みについて

Google独自の検索アルゴリズムによってWebサイトが評価されて検索順位が決定される。とくにWebサイトの「コンテンツ」と「被リンク」が順位決定の評価対象となる

Googleの検索順位は、Google検索エンジン独自の検索アルゴリズムよって決められており、その検索アルゴリズムは200以上の要因があります。
これらの要因をもとに、インデックス対象となるWebサイトを評価して、高評価を得たサイトから順番にGoogleの検索結果で上位表示される仕組みとなります。

また、Google独自の検索アルゴリズムがYahooの検索エンジンでも採用されてるので、GoogeとYahooの検索順位は基本的に一緒となり、共に同様の順番で検索結果にWebサイトが表示される形となります。

このことから、基本的に検索順位を決定するGoogleの検索アルゴリズムを読み解いて、SEO対策を進めることが検索上位を目指すために重要となります。
この200以上の検索アルゴリズム要因の中でも、特に重要となる要因が、「コンテンツ」と「被リンク」です。

なので、Google公式にも定義があるようにユーザーの利便性を最優先に考慮したコンテンツを含むWebページ(ブログ記事)を提供することがまず必要となります。

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

そして、そのWebページをSNSなどで宣伝して、より多くのユーザーに認知させながら、被リンク(外部リンク)の獲得を促すことが必要となります。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

※引用元:Google が掲げる 10 の事実

このようにして、Googleに評価されやすいWebページとなるようにSEO対策を進めることが重要であり、検索上位を目指すためのポイントとなります。

Googleで検索上位にする方法について

検索上位にするには、ユーザーの利便性を最優先に考慮したコンテンツを 作成して提供することが欠かせない

これまで触れたように、「コンテンツ」と「被リンク」を考慮したうえでSEO対策を進めることが、Googleの検索結果で自分のWebページを上位化させるために重要となります。
もう少し言うと、ユーザーの利便性を最優先にしたコンテンツを提供して、その高品質なコンテンツに被リンクがより多く集まるように対策を促すことが検索上位にするためのポイントとなります。

この点踏まえて、ここでは、Googleで検索上位にする方法について深く掘り下げてポイントをまとめながら触れていきたいと思います。

ページのテーマとなる1つのキーワードを選定する

ページのテーマとなる1つのキーワードを選定する上で、 そのキーワードの競合性や自分のサイトの力も加味しよう!

コンテンツを作成する際に、どんな内容にするか?ある程度ページのテーマ(タイトル名)を決めると思います。
そのある程度決めたページのテーマを1つのキーワードで示すことがSEO対策において重要であり、最終的に検索上位にするためのポイントとなります。
なので、まずはキーワードプランナーなどのツールを活用して、実際にユーザーに検索されてる語句からページのテーマと関連性の高い1つのキーワードを選定しましょう。

このときに、キーワードの競合性を加味することで、そのキーワードで上位化しやすいか?判断することができます。
例えば、キーワードプランナーで自分の選定したキーワードの競合性が低ければ、競合サイトが弱いと判断できるので、そのキーワードで上位表示しやすい可能性があります。
これだけでは判断に乏しいので、実際に選定したキーワードで検索して上位に表示される競合ページの傾向を確認しましょう。
この競合上位に誰もが知ってる有名サイトがひしめいていれば、上位表示しづらい可能性があります。

ちなみに、新規ドメインを取得したばかりの運用期間が短かいサイトであれば、ドメインパワー(サイトの力)が基本的に弱いので、競合性の高いキーワードでの上位表示は困難となります。
なので、自分のサイトのドメインパワーが弱い場合は、スモールキーワードやミドルキーワードの競合性が比較的低い、上位表示しやすいキーワードを選定するとよいでしょう。

こうして競合上位サイトの傾向や自分のサイトのドメインパワーを加味したうえで、ページのテーマと関連性の高いキーワードを1つ選定することがSEO対策において重要であり、検索上位を目指すためのポイントなります。

選定したキーワードをもとに、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを作る

選定したキーワードにおけるユーザーの検索意図を考慮して、 検索クエリと関連性の高いコンテンツを作成しよう!

1つのキーワードを選定したら、そのキーワードで実際に検索して表示される競合上位サイトの傾向(タイトル名やコンテンツ内容)を確認しましょう。
その傾向からわかるユーザーの検索意図を採用して、検索クエリと関連性の高いコンテンツを作成することがSEO対策において重要であり、検索上位を目指すためのポイントとなります。
なので、文字数が多いとか少ないということではなく、検索ユーザーが求める情報を含むコンテンツを作成してWebページを提供することが必要となります。
また、タイトルタグとディスクリプションタグの文言や、コンテンツの中身の文章における見出しタグの文言やリード文、文末などに適宜選定したキーワードを入れて内部対策を施したり、ページのテーマがぶれないように選定したキーワードに関連する語句(共起語など)を含めながら、検索クエリと関連性の高いコンテンツにすることが重要となります。

そして、ここで注意したいのが、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツを丸々コピーして自分のコンテンツを作るのではなく、あくまでも傾向を採用して、自分の言い回しや体験・経験談などのオリジナリティを盛り込みながらWebページを作成しましょう。
そうすることで、検索クエリとの関連性と独自性を持ち合わせたユーザーの利便性が考慮したコンテンツとなるので、Googleに評価されやすいWebページが提供できます。

また、ページの表示速度を早めたり、モバイル端末含めたあらゆるデバイスでのページ閲覧に対応するためにレスポンシブデザインを採用するなどして、コンテンツの使いやすさ(UX)を向上させることもユーザーの利便性を高めることにつながります。

このように、ユーザーがより満足するコンテンツを作成して、Googleに評価されやすいWebページを提供することがSEO対策において重要であり、検索上位にするためのポイントとなります。

作成したWebページを宣伝して、被リンクの獲得を促す

作成したコンテンツをSNSで宣伝して、そのコンテンツが より多くのユーザーに共有されるようにしながら、被リンク獲得を促そう!

先述したように、検索上位化させるためには、コンテンツだけでなく被リンクも重要となります。
なので、FacebookやTwitterなどのSNSサービスを活用して、より多くの興味・関心あるユーザー(フォロワー)に向けてユーザーの利便性を考慮して作成したWebページを宣伝して認知させましょう。
そうして、共有されやすくして、ドメインの異なる多くの外部サイトで参照される可能性を高めるように被リンク獲得を促すことがSEO対策において重要であり、検索上位を目指すためのポイントとなります。

また、ページ単位で被リンクの獲得を促せば、サイト単位で多くの被リンクが集まるようになります。
そうなれば、ページ単位のみならずサイト単位でGoogleから評価されたときに、より大幅な検索上位化が見込めるようになります。

高品質なページを増やして、サイト自体の質を上げる

ユーザーの利便性を考慮した高品質なWebページを増やして Googleに評価されやすい良質なサイトを運営しよう!

これまで触れたような対策を通じて、サイト内に高品質なWebページの割合を増やして、サイト自体の質を高めるようにホームページを運用することが、最終的に検索上位にするためのポイントとなります。
そのためには、ページごとに選定したキーワード順位を管理して、とくに、検索順位が上がらないキーワードに該当する既存の低品質ページをリライトしていくことが必要となります。

また、すでに運用している多くのサイトでは、既存ページの中に、「コンテンツは充実してるけど上位化に至ってないリライトしずらいテーマのページ」や、「数行のみのコンテンツであきらかに低品質なページ」などが見られます。
こういった場合、前者のページであれば、そのページを残してリライトは後回しにし、後者のページであればnoindexや削除して検索エンジン(Google)にインデックスさせないようにします。
そうすることで、サイト内の低品質なページの数が減って良質なページの割合が増えるので、サイト自体の質が高まり、Googleに評価されやすくなります。

このように、既存のページを見直して「低品質ページを削除する」「低品質ページをリライトする」といった2つの対策を行い、かつ高品質なページを増やすようにSEO対策を進めましょう。
そうして、高品質なページが多いサイト構成となれば、サイト自体の信頼性(ドメインパワー)が高まるので、最終的に検索上位化が大いに期待できるようになります。
サイト自体の信頼性を高めるうえで、ただ高品質なページを提供するだけでなく、検索品質評価ガイドラインで定義されてる「E-A-T」や「YMYL」を考慮したサイト構成にすることも重要となります。

ここまで触れてわかる方もいると思いますが、サイトの質を上げるために高品質なページを増やす必要があるので、ページごとに品質を判断するために検索順位チェックツールを導入することが必須と言えます。
なので、BULLなどのキーワードごとに順位推移がチェックできるツールを導入して、ページごとに選定したキーワード順位を管理するようにしましょう。
そうして、検索順位が右肩下がり、検索順位が上がらないキーワードに該当する低品質なページを改善しながらSEO対策を進めることが、検索上位を目指すためのポイントとなります。

クローラビリティを高めて、Webページがちゃんとインデックスされるようにする

高品質なページがちゃんとインデックスされて上位化されるように Webサイトのクローラビリティを最適化しよう!

いくら高品質なWebページを作成しても、そのWebページが検索エンジンにインデックスされなければ意味がありません。
なので、基本的には内部リンク対策や被リンク対策を行ってサイトのリンク構造を最適化し、クローラーが巡回しやすいようクローラビリティを高めながら、SEO対策を進めることが、検索上位を目指すためのポイントとなります。

例えば、内部リンク対策であればページごとにサイト内の関連コンテンツへ向けて適宜リンクを貼るようにします。
また、被リンク対策であれば、先述したようにFacebookなどのSNSサービスを活用して、作成したページをより多くのユーザーに宣伝・認知させながら被リンク獲得を促すようにします。
こうして、ページ単位で参照リンクを増やして、サイト内の各ページへクローラーが巡回しやすいサイト構造にすれば、最新のコンテンツが検索エンジンにインデックスされやすくなるので、検索順位も付きやすくなります。

このようにクローラビリティを最適化して、ページごとのクロール頻度を高めることがSEO対策において重要であり、迅速に検索上位化させるためのポイントとなります。

仮に、サイトのリンク構造が最適化されてなかったリ、robots.txtでクロール拒否の記述をしてる場合やXMLサイトマップが設置されてないなどあれば、Webサイトのクローラビリティが下がります。
このような場合、クローラーが巡回しずらいサイト構造なので重要なページが認識されずにWebページがインデックスされない可能性もあるので、結果的に検索上位化が難しくなることがあります。
なので、なかなか上位化しない場合に、ちゃんと検索エンジンにWebサイトがインデックスされてるか?改めて確認しながらSEO対策を進めることも、検索上位化を目指すために欠かせないポイントとなります。

まとめ

検索上位にするためには、SEO対策が必要となります。
その対策の中でも、まずユーザーの利便性を考慮したコンテンツを提供することが必須となります。
そして、そのコンテンツがよりGoogleに評価されるために、SNSサービスを活用して、より多くの関心あるユーザーに宣伝認知させながら、被リンクの獲得を促しましょう。

そうして、コンテンツの質を高めて、よりGoogleに評価されやすいWebページにしながら、サイト運用することがSEO対策において重要であり、検索上位にするためのポイントとなります。

また、高品質ページが増えてそれらのページに該当する多くのキーワードで検索上位化すれば、検索流入が拡大してWeb集客の加速による、見込み客の増加が期待できます。
そうなれば、申し込みや問合せといったコンバージョンの数も増えるので、最終的にビジネス成長が大いに見込めるようになるでしょう。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら