SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOとは?SEOの基礎知識について

SEOとは、Search Engine Optimization の略であり、「検索エンジン最適化」のことを意味します。
つまり、インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、より多く露出するための一連の取り組みのことを「SEO」と呼びます。

SEOに取り組むことで、Webサイトへの検索流入やコンバージョンの増大につながるので、売上の向上が期待でき、結果的に企業成長まで見込めるようになります。

こうした良い成果にたどり着くには、Googleの検索エンジンについて理解を深めて、質の高いコンテンツを提供するようにSEOに取り組むことがポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、SEOの定義から基礎知識についてまで中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOとは?SEOの基礎知識について

SEOとは?

検索結果で自身のWebサイトを上位化させたり、 露出を高めるための取り組みを「SEO」と呼ぶ。 またの名を「検索エンジン最適化」という。

SEOとは、“Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化(検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけること)を意味します。
つまり、インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、多く露出するための一連の取り組みのことを「SEO」と呼びます。
ちなみに、SEOの読み方は「エスイーオー」です。

このSEOを行うことで、検索エンジンからWebサイトを通じて売上が見込めるようになるので、企業成長が期待できます。
もう少し言うと、SEOによってインターネット検索における自然検索からの流入が拡大して、コンバージョンの増加を促進し、最終的に売上向上から企業成長まで見込めるようになります。

また、SEOの変遷は著しいので、今現在どのようなSEOが重要視されてるか?を常日頃、明確にしておくことが重要です。

企業や個人がSEOを実施する目的

検索エンジンからWebサイトを通じた売上を拡大して 企業成長を見込むため!

企業や個人がSEOを実施する目的は、自らのWebサイト通じて問合せや申し込みといったコンバージョンを増やし、最終的に売上拡大から事業成長につなげるためです。

こうした成果につなげるためには、オウンドメディアが欠かせません。
例えば、昨今主流のブログメディアのSEOを強化して、検索での露出を増やします。
そうすれば、自身のWebサイトへの検索流入が拡大するので、その分コンバージョンの増加も見込めて、売り上げが期待できます。

一方、SEOに取り組まなければ、検索結果上での自身のWebメディアの露出は拡大しません。
そうなれば、インターネット上に存在する見込み客へのアプローチが絶たれるので、結果的に売上の拡大が見込めないでしょう。

こうした状況を回避して事業成長させるために、企業や個人が所有するWebメディアに対してSEOを実施することが重要となります。

検索エンジンにとってのSEOとは?

検索エンジンがより利用されるために、良質なWebサイトが必要。 このことから、検索エンジンにとってSEOが不可欠!

検索エンジンは、ときにユーザーに不要な情報(検索結果)を返すことがあります。
これは、検索エンジンが不完全であることを意味するのと同時に、これを補うために、定期的に検索アルゴリズムを調整して検索結果(Webサイト)を入れ替えています。

裏を返せば、我々が公開するWebサイトの不完全さ(品質の低さ)が検索エンジンの不完全さを招いてるとも言えます。
これは、検索エンジンを運営するGoogleなどの企業にとっては不都合です。
なぜかというと、検索エンジンが不完全であれば、その分利用する検索ユーザーの減少につながって、利益が担保できなくなるからです。

こうした状況を回避して利益を確保するために、検索エンジンにとって「SEO」が必要不可欠と言えます。

SEOの歴史

当初の被リンク(外部リンク)重視から、 コンテンツも重視する検索アルゴリズムへと変貌を遂げた点が 大きなSEOの歴史!

2012年3月以前のSEOは、被リンク重視のものでした。
もう少し言うと、、競合上位サイトの被リンク数を調査して、その被リンク数を上回るように外部対策を実施することで上位表示に至ることができました。

つまり、当初の検索アルゴリズムは被リンクの数が重視されていたため、コンテンツの質への配慮が欠けている状況でした。
こうした状況から、被リンクを増やすことだけを目的としたSEO(ブラックハットSEO)が主流となっていたのが当初のSEOの歴史となります。

こうした流れの中、2012年4月に、Google検索で導入されたペンギンアップデートによって被リンクの質が重視されるようになりました。
さらに、同年の7月に導入されたパンダアップデートによって、コンテンツが本格的に重要視されるようになりました。

その後、これらのアップデートが幾度と繰り返されたり、検索アルゴリズムにリアルタイムで組み込まれたことにより、良質なコンテンツが上位化するようになりました。

こうした経緯によって、当初の被リンク重視の検索結果からユーザーファーストを考慮したコンテンツ重視の検索結果へと大きな変貌を遂げてる現状です。

ちなみに、今現在においても、被リンクは重要な要素ですが、とくに直接的に被リンクを増やすような対策に対して、Googleは当初よりも厳しい制裁を科すようになってます。
なので、被リンクをベースとしてではなく、ユーザーファーストのコンテンツを軸として自然な被リンクを獲得するように取り組むことが、今現在のSEOの主流となります。

リスティングとの違い

検索結果からWebサイトへユーザーを流入させるための過程に 大きな違いがある

SEOとリスティングの違いは、検索結果から把握できます。
例えば、SEOは赤枠の自然検索枠にWebサイトを表示されるのに対して、リスティングは有料検索枠に広告ラベルが付加されてWebサイトが表示されます。

SEOによる自然検索枠とリスティングによる有料検索枠

このように、SEOとリスティングは検索結果での表示位置に違いがあります。
表示位置が違うので、それによってクリック率(CTR)も異なります。

また、リスティングは有料検索なので、基本的に検索結果にWebサイトを表示するために費用がかかる一方、SEOは費用がかからない点が違いとなります。
これに関して、Googleでも公式に言及してます。

Google では、検索結果でのサイトの表示や掲載順位に関して金銭を受け取ることは一切なく、オーガニック検索結果に表示するのに費用はかかりません。
※引用元:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

まとめると、検索からWebサイトにユーザーを流入させるための過程において、SEOとリスティングに大きな違いがあります。

SEO実施のメリット

SEOを実施すれば、検索流入の増加見込める点が大きなメリット!

SEO実施のメリットは、検索流入が増えることです。
例えば、ユーザーファーストを考慮したコンテンツを増やして、良質なWebサイトを運用すれば、そのサイトに付随するキーワードの順位が軒並み上昇します。
そうなれば、各キーワードに該当するWebページからの検索流入が増大します。

このように検索での露出が拡大すれば、同時にサイト名や個人名・企業名が知れ渡るのでブランディングにも繋がります。
さらに、検索流入の増加やブランディングするために活用するWebサイトが自ずと資産になる点もSEOを実施することによるメリットです。

検索流入が増える

良質なコンテンツを増やすように取り組むことで、 検索流入の増加が期待できる!

良質なコンテンツを公開するようにSEOに取り組めば、結果的にWebサイトへの検索流入が増えます。

例えば、選定した1キーワードにおけるユーザーの検索意図を盛り込んでコンテンツを作成します。
その際に、「網羅性」「簡便性」「信憑性」「独自性」も考慮して、より良質なコンテンツに仕上げます。
そうすれば、ユーザーがより満足するコンテンツとなり、Googleに評価されやすくなるので、そのコンテンツに該当するキーワード順位が上位化します。
結果的に、検索結果でのクリック率(CTR)が高まってクリック数が増えるので、その分検索流入の増大が見込めるというわけです。

こうして、上位化によって検索トラフィック(アクセス数)の拡大が期待できる点が、SEOを実施することのメリットの1つとなります。

また、検索流入の増大は、上位化によるものだけではありません。
例えば、質の高いコンテンツを増やして、より信頼できるサイトに仕上げることが出来れば、新たなキーワード(ロングテールキーワード)でページが認識さたり、複数のページがインデックスされるようになります。
そうしたSEO効果による検索流入も見込めるようになります。

SEO効果によるアクセス数の推移

ちなみに、検索結果の1ページ目にランクインしたり、1位や強調スニペットを獲得することができれば、より検索流入の増大が見込めます。
そうなれば、サイト自体のアクセス数が増えて、申し込みや問合せ(CV)の向上につながるので、最終的に事業の売上拡大まで期待できるでしょう。

ブランディングできる

検索ユーザーの目に触れる機会が増えるので、 ブランディングになる!

SEOによって、検索での露出を拡大させれば、その分Webサイトの宣伝や認知にもつながるので、ブランディングできます。

例えば、当ブログ「SEOラボ」に対して、SEOをかけて検索での露出を増やします。
そうすれば、サイト名が付随したタイトル名を目にする検索ユーザーの数も増えるので、サイト自体の認知度が向上します。

こうして、検索ユーザーの目に触れる機会を増やしてブランディングできる点が、SEOを実施することのメリットの1つと言えます。

ちなみに、ブランディングによって自身のWebサイトの認知度が高まれば、指名検索(直接サイト名で検索)される回数も増えます。
これによって、サイトの権威性の向上につながるので、さらにSEO効果が期待できるでしょう。
権威性は、Google検索品質評価ガイドラインのE-A-Tで定義されてる、サイトの評価項目の1つとなります。

資産になる

手間をかけたコンテンツをちゃんと保守管理すれば、資産になる!

SEOに取り組めばWebサイトの最適化につながるので、その分Webサイト自体の資産価値が高まります。

例えば、良質なコンテンツを地道に増やして、品質の高いWebサイトを運営したとします。
そうすれば、増やした良質なコンテンツは手元に残るので、しっかりそのコンテンツを管理し続ける限り、自ら積んだ実績として一生の財産となります。

こうして、手間をかけたコンテンツを保守管理してちゃんと資産化できる点が、SEOを実施することのメリットの1つです。

ちなみに、WordPressなどのCMS上で直接WebサイトのSEOを実施する場合は、そのWebサイト自体のバックアップを取るようにしましょう。
そうしておけば、万が一データが消失しても、SEOをに取り組んだコンテンツが手元に残るので、資産として確保できます。

SEO実施のデメリット

SEOを実施しても、 効果が出るまで時間がかかりやすい点が大きなデメリット!

SEO実施のデメリットは、効果が出るまで時間がかかることです。
例えば、当ブログ「SEOラボ」が管理してるあるキーワードの順位が、当初圏外でした。
あるキーワードに該当するWebページに対してSEOを実施後、そのWebページが徐々に検索エンジンに評価されたことで、該当のキーワード順位が右肩上がりに推移し、数か月後に、あるキーワードの順位が3位まで上昇しました。

このように、効果が表れるまで一定の期間を要することがある点が、SEOを実施することのデメリットとなります。
また、キーワード順位が思うように上がらなかったり、順位が下落するなどのSEOに失敗して効果が見込めない可能性がある点もSEOを実施することのデメリットです。

効果が出るまで時間がかかる

上位化やアクセス増大といった効果が表れるまで 時間がかかりやすい!

SEOを実施しても検索順位が思うように上昇したり、検索流入が見込めるようになるまで数か月を要する場合が多いです。
なので、基本的に効果が出るまで時間を要します。

例えば、ドメインを取得して間もない新しいサイトでWebページを公開します。
ちなみに、新規サイトはドメインパワーが備わってないので、基本的にSEO効果が出るまで時間を要します。
このことから、公開したWebページに該当するキーワード順位が、即座に上位化に至る可能性は低いので、別途高品質なWebページを増やして、サイトの質を高めるように時間をかけてSEOを実施します。
そうすることで、より信頼できるサイトに仕上がって、サイト自体がGoogleに評価されやすくなるので、最終的に数か月後、数年後に各Webページに付随するキーワード順位が上昇して、検索流入が見込めるようになります。

これに関して、Googleでも公式に言及してます。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。
※引用元:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

このように、上位化やアクセス増大といった効果が出るまで時間がかかりやすい点が、SEOを実施することのデメリットの1つと言えます。

一方、リスティングは、SEOよりも即効性があります。
基本的に費用が発生しますが、リスティング広告を出稿すれば即座に検索流入が見込めるので効果が出るまで時間がかかりません。

失敗する可能性がある

SEO知識・テクニックの無さから効果が見込めず 失敗する可能性がある!

SEOの知識が乏しい状態でWebサイトを運用しても、思うように順位が上がらなかったリ、検索流入が増えないケースが多いです。
なので、結果的に、SEOに失敗する可能性が高いです。

例えば、ページのテーマと異なるコンテンツ内容を記載したWebページや、文字数が少なくボリュームの極端に薄いWebページといった低品質なページが多いWebサイトを運用します。
そうしたWebサイトは、Googleから信頼できないサイトと判断されて、結果的に検索順位が上がらないので、検索流入が増加しません。

このように、ノウハウの無さから効果が見込めずに失敗する可能性がある点が、SEOを実施することのデメリットの1つと言えます。

一方、Googleがどんなサイトを評価するのか?を理解すれば、SEOに取り組んだときの失敗を減らすことができます。

SEOは、Googleの検索エンジンに対して行う

SEOは、Google対策! Googleの検索仕様に合わせてSEOに取り組むことが重要!

SEOは、基本的にGoogleの検索エンジンに対して行います。
なぜかというと、世界で最も利用するユーザー(アクティブユーザー)が多いので、その分、Web集客の見返りが大きいからです。
もう少し言うと、Googleの検索エンジンでSEOに取り組み、検索結果で上位表示したり、検索結果での露出を増やせば、より多くの検索流入が見込めるので、Webサイトのアクセス数が増大しやすくなります。

※参考:Search Engine Market Share Worldwide | StatCounter Global Stats

こうした、集客力の高いGoogleの検索エンジンでSEOに取り組むために、Google検索の仕様に習うことが重要です。
ちなみに、Yahooの検索エンジンでもGoogle検索の仕様を採用してます。
この仕様については、Googleの方針やGoogleの検索順位が決まる仕組みを理解することで把握できます。

Googleの方針

ユーザーファーストを満たすために、 Googleガイドラインを考慮してSEOに取り組む!

Googleは、検索に対する方針としてユーザーファーストを掲げています。

ユーザーを最優先する
Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。
※引用元:Google 検索の仕組み | ユーザーを最優先する

こうした方針に基づいて、Webサイトのコンテンツ(ブログ記事)を作成して提供しながら、SEOに取り組む必要があります。
そのためには、Googleが公式に提供してる「検索品質評価ガイドライン」や「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」といったマニュアルを主に読み解いてSEOに活用することが重要です。

Googleの検索順位が決まる仕組み

「クロールとインデックス」「検索アルゴリズム」が Googleの検索順位の決定に深く関わってる!

Googleの検索順位が決まる仕組みは、「クロールとインデックス」「検索アルゴリズム」が深く関わっています。
もう少し言うと、公開したWebページの内容をクローラーが読み取り、その読み取った内容をGoogle検索インデックスに登録(巨大なデータベースに格納)します。
そして、そのデータベースに格納されてる膨大な情報内容と検索アルゴリズムを照合して評価し、最も関連性の高い有用な回答(Webページ)を検索結果に表示(ランク付け)するというのが、Googleの検索順位が決まる仕組みです。

この際に、基本的には、モバイル向けページに書かれてるコンテンツの情報内容がベースとなって、インデックス(ランク付け)されます。(モバイルファーストインデックス)
※有効なモバイル向けページにするには、レスポンシブ対応によるモバイルフレンドリー化(スマホ対応)などが必要です。

また、検索アルゴリズムは200以上の要素で構成されており、これらの要素の中でも「コンテンツ」「リンク」「ランクブレイン」の3つが、ランク付けに大きく関与してます。

主な検索アルゴリズム

  • ユーザーの検索意図を考慮してるか?
  • クエリに一致する情報があるか? ※キーワードが登場する頻度やページ上の場所(タイトル、見出し、本文中など)
  • 関連するコンテンツがあるか?
  • クエリと同じ言語であるか?(ユーザーが使用する言語のページを優先)
  • ウェブページは有用か?(コンテンツの新しさ・検索キーワードが出現する回数・ユーザーエクスペリエンスの質・信頼性・権威性など)
  • ウェブマスター向けガイドラインに違反してないか?(キーワードを何度も繰り返す、PageRank[ページランク]を転送するリンクを購入するなどのスパムサイトの特定)

※参考:検索の仕組み | 検索アルゴリズム

ここで挙げられてる「信頼性」や「権威性」は、検索品質評価ガイドラインの「E-A-T」で定義されてるWebサイトを評価するための要素です。
このE-A-Tは、とくにYMYLサイト(お金や生活に関連するジャンルのサイト)で重要視されます。
さらに、検索品質評価ガイドラインでは、サイトの運営者情報や口コミなどもWebサイトを評価するための要素として定義してます。

ちなみに、ウェブマスター向けガイドラインに違反したWebサイトは、Googleペナルティによって、検索順位の下落やインデックス削除といった制裁が科せられます。

もう少し言うと、ウェブマスター向けガイドラインに記載されてるブラックハットSEO(SEOでやってはいけない手法)を実施してるサイトに対して、Googleはペナルティを与えて制裁するということです。
反対に言えば、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してホワイトハットSEOを実施してるサイトは、Googleに評価されやすいので、検索順位の上昇が期待できます。
こういった検索順位の変化(変更)は、Google検索のアップデート(順位変動)による定期的なサイトの入れ替えによるものです。

SEOの成果を高めるには質の高いコンテンツが不可欠

より信頼できるコンテンツを提供することで、 SEOの成果が高まる!

質の高いコンテンツを提供すれば、自然な被リンクが集まりやすくなるので、良質なコンテンツと良質な被リンクの両方が担保できることになります。
そうなれば、検索結果での上位表示や露出の拡大につながって、自身のサイトへの検索流入やコンバージョンの増加が期待できるので、最終的にSEOによる成果が高まりやすくなります。

つまり、SEOの成果を高めるためには、まず質の高いコンテンツが不可欠となります。
質の高いコンテンツにするには、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド検索品質評価ガイドラインウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)などの有用なガイドを考慮して、Googleと相性の良いサイトを作成することが重要です。

具体的に言うと、「1ページ1キーワード」「ユーザーの検索意図」「網羅性」「簡便性」「信憑性」「独自性」「専門性」「権威性」「ユーザビリティ」「クローラビリティ」を盛り込んだより信頼できるコンテンツを提供するようにSEOに取り組む必要があります。

SEOの必要性について

自身のWebサイトの検索結果表示状況によって SEOの必要性が判断できる!

自身のWebサイトがGoogle検索結果での表示において、どのような状況かをチェックすれば、SEOの必要性が判断できます。

  • 所有するウェブサイトが Google に表示されているか?
  • ユーザーに質の高いコンテンツを提供しているか?
  • 所有するローカル ビジネスが Google に表示されているか?
  • ウェブサイトのコンテンツにどの端末からでも速く簡単にアクセスできるか?
  • 所有するウェブサイトは安全か?
  • 助けを借りる必要はあるか?

※引用元:Google にウェブサイトを表示する – Search Console ヘルプ

こうした状況に一つでも該当すれば、SEOが必要となります。
そうした場合に、自分で行うか?業者に依頼するか?の2つの選択肢があります。

もし自分で知識を蓄えて、適切なSEOを行うことが出来れば、その分費用が抑えれます。
一方、自分で出来ない場合は、SEO業者に依頼することになるので、SEOサービスによる一定の費用が発生します。

SEOを勉強する方法について

SEOを勉強するには、先述したような「検索品質評価ガイドライン」や「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」といったGoogleが提供してるいくつかのガイドラインを参考にします。
ですが、こうしたガイドラインでは、専門的な用語や解説が続出するので、SEO初心者(SEO入門段階の人)には少しとっつきにくいでしょう。

  • SEOの情報サイトを見る(SEOの基礎知識や対策、最新ニュースやトレンドなどを提供するサイトを見る)
  • SEOの本(書籍)を読む
  • SEOのセミナーに参加する
  • SEOに関する検定を受けて資格を獲得する

これらを併用して、SEOを学びましょう。(スキルを身につけましょう)
とくに、SEOの著名人(鈴木さんや辻さん)やGoogleの人や公式サイトで言及する内容を抑えておくことが大切です。
そうすれば、Googleガイドラインの内容がより理解しやすくなるので、SEOの勉強がより捗るようになります。

SEOの基本的な対策について

まずは、SEO戦略を練ることから、 SEOの基本的な対策をはじめよう!

SEOの基本的な対策は、まずSEO戦略を練ることから始まります。
練った戦略をもとに、内部対策やコンテンツ対策、外部対策を行って、良質なWebサイトに仕上げます。
そして、仕上げたWebサイトをSEOツールで分析し、検索順位やユーザー行動などのパフォーマンスが低いWebページを改善しながら、UX(ユーザー体験)を最適化しましょう。

また、事業の方向性に合わせて、ローカルSEOや海外SEO(多言語SEO)を実施することも、SEOの基本的な対策となります。
このような対策に取り組んでサイト運用すれば、Google検索で上位表示したり、より多くの露出につながりるというわけです。

SEO戦略を練る

まずは、ペルソナ(ターゲットとする顧客像)を 設定することから、SEO戦略を練ろう!

SEO戦略を練るには、ペルソナ(ターゲットとする顧客像)を設定します。
また、運営するメディアのタイプやドメイン、目標設定なども考慮して、SEO戦略を練りましょう。

ペルソナを設定する

マインドマップを活用して、 ターゲットとする顧客像の洗い出しと設定をしながら SEO戦略を練ろう!

ペルソナ(ターゲットとする顧客像)を設定するには、キーワードをマインドマップ化します。
例えば、サイトのテーマに関連するキーワードを選定して、それらのキーワードをマインドマップ化します。
この際に、同じ検索意図を持つキーワードをグルーピングしましょう。
そうすれば、出来上がったマインドマップからターゲットとするユーザー像が明確になるので、ペルソナが設定できるというわけです。

こうして、マインドマップを活用して、ターゲットとする顧客像の洗い出しと設定をしながら戦略を練ることが、SEOの基本的な対策ポイントとなります。

また、ペルソナは「サイト単位」と「ページ単位」で分けて考え、キーワードを考慮して設定することをお勧めします。

一方、ペルソナを設定しなければ、テーマが網羅できず専門性が欠けたり、同じターゲットユーザーに向けたページ(検索意図が重複したページ)を作成する可能性が高まります。
結果的に、Googleに最大限評価されないでしょう。

オウンドメディアのタイプを決める

SEO効果を考慮して、 運営するオウンドメディアのタイプを決めながら SEO戦略を練ろう!

オウンドメディアのタイプを決めるには、商品売買の有無を考慮します。
例えば、売りたい商品があれば、その商品の特徴や価格などのスペックを紹介するページや、商品を購入するためのフォームなどが必要となります。
そうしたタイプのオウンドメディアであれば、ECサイトを選ぶというわけです。

  • ECサイト(ネットショップ/通販サイト)
  • コーポレートサイト(会社紹介サイト)
  • ランディングページ(キャンペーンサイト)
  • ブログサイト(ニュースなど日記形式で発信する情報サイト)

とくに、ブログサイトは、どのタイプとも併用できかつ、SEO効果を上げやすいオウンドメディアです。
例えば、ECサイトで商品の紹介をしつつ、WordPressを活用したブログサイトで商品に関連する良質な記事を書いて情報を発信します。
そうすれば、良質なページが増えてサイトの質が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。
こうして、SEO効果を考慮して、運営するオウンドメディアのタイプを決めながら戦略を練ることが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

ちなみにランディングページは、申し込みや問合せを促進するページです。
もう少し言うと、ランディングページは、テキストを画像に置き換えたり、内部リンクを排除するので、基本的にSEO効果が期待できないページに仕上がります。
なので、こうしたオウンドメディアのみにSEOを行うことは、効果的ではないので、サイト型のランディングページ(LP)にするなど、別途検討の余地があります。

ドメイン名(URL構造)を決める

ユーザーの利便性を考慮して、 URL構造を決めながらSEO戦略を練ろう!

ドメイン名を決めるには、サイトのテーマに関連するキーワードを考慮します。
例えば、サイトのテーマがSEOについてであれば、当ブログのように「seolaboratory.jp」というドメイン名にして、「seo」というキーワードを文字列に含めます。
これについては、Google公式に言及してます。

URL で単語を使用する
サイトのコンテンツや構造に関連する単語を含む URL は、サイトを閲覧するユーザーにとってより親切になります。
※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ「URL は検索結果に表示される」

つまり、URLの文字列の一部となるドメイン名に、サイトのテーマに関連するワードを含めれば、ユーザーの利便性が高まりやすいというわけです。
これは、主に特化サイトに言えることです。
特化サイトのみならず、サイト全般においては、ページごとにページのテーマに関連するキーワードをURLの文字列に含めましょう。

こうして、ユーザーの利便性を考慮して、URL構造を決めながら戦略を練ることが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、無料ブログサービスが提供してるドメイン名は、サイトのテーマに関するキーワードが文字列に含まれてません。
そうなれば、ユーザーの利便性が低下するので、その分、Googleに最大限評価されない可能性が高まるでしょう。
また、無料ブログサービスのドメインは、Google検索結果の多様性においても、不利になりやすいです。
こうした状況を回避するには、ドメイン変更や独自ドメインを取得することを検討します。

ちなみに、サブドメインでサイト運用する方法もあります。
ですが、複数のドメインにまたがってコンテンツが重複すれば、どのドメインもGoogleから評価されすらくなります。
なので、どのようにドメインを活用してサービスを展開するか?を慎重に検討することが、SEOにおいて重要となります。

目標設定する

売り上げの目標(KGI)を明確にして、 その達成に必要なKPIを設定しながら SEO戦略を練ろう!

目標設定するには、KPI(支援目標)を考慮します。
例えば、月間の売り上げ100万円を達成するために、サイトの月間アクセス数が100万PV必要だとします。
この場合、月間の売り上げ100万円がKGIとなるので、サイトの月間アクセス数をKPIとして設定するというわけです。

  • アクセス数
  • 問い合せ回数、資料請求回数(無料レポートダウンロード数)
  • 広告のクリック数
  • 直帰率や滞在時間
  • キーワードの検索順位

また、アクセス数を達成するためには、キーワードの検索順位や直帰率、滞在時間の改善も必要となります。
こうしたKPIを具体的に設定することもKGI達成において重要となります。

こうして、売り上げの目標(KGI)を明確にして、その達成に必要なKPIを設定しながら戦略を練ることが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、KPIを設定しなければ、売り上げとの相関がわかりません。
結果的に、注力すべきSEO対策がわからない状態となるでしょう。

内部対策する

metaタグなどのHTMLタグや 内部リンク回り中心にSEOの内部対策をしよう!

内部対策するには、主に、metaタグなどのHTMLタグを最適化します。
例えば、SEOキーワードを前方に含めて、検索クエリとの関連性を強調したページタイトル名となるようにtitleタグを最適化します。
また、検索結果上で重要な文言が表示されるように文字数を考慮したり、他のページと重複しないようにユニークさまで加味してtitleタグを最適化します。

  • meta descriptionタグ(ディスクリプション)
  • 見出しタグ(h1タグなど)
  • 構造化データ
  • 画像のファイル名(alt属性[代替テキスト])
  • 内部リンク(パンくずリスト/フッターリンク/絶対パス/相対パス/ページネーション[ページ分割]/ディレクトリ構造など)
  • 発リンク
  • XMLサイトマップ
  • OGPタグ
  • robots.txt
  • 404エラーページ

また、これらの要素も最適化して、検索クエリとの関連性やクローラビリティを高めれば、Googleに評価されやすくなるというわけです。
こうして、metaタグなどのHTMLタグや内部リンク回り中心に内部対策することが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、内部対策しなければ、検索クエリとの関連性やクローラビリティが向上しません。
そうなれば、その分Googleから評価されずらくなるでしょう。

コンテンツ対策する

検索意図を考慮した良質なWebページを増やして、 より信頼できるサイトとなるように SEOのコンテンツ対策しよう!

コンテンツ対策するには、検索意図を考慮します。
例えば、上位表示したいキーワード(SEOキーワード)で、検索して表示される競合サイトのタイトル名やコンテンツの傾向を採用して、自身のWebページを作成します。
このときに、タイトル名には必ず、SEOキーワードを含めます。
そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれて、検索クエリと関連性のあるWebページに仕上がります。
さらに、1ページ1キーワード、ユーザーが求める情報の量や手に入れやすさ(簡便性)、信ぴょう性や独自性(ユニークさ/オリジナリティ)、関連性まで加味して、より良質なWebページを作成しましょう。
こうした良質なページを増やして、E-A-Tを織り交ぜたより信頼できるサイトにすれば、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、検索意図を考慮した良質なWebページを増やして、より信頼できるサイトとなるようにコンテンツ対策することが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

また、ドメインパワーが弱い(権威性が低い)サイトは、ロングテールSEOを積極的に行いましょう。

一方、ユーザーの検索意図を考慮しなければ、Googleに評価されません。

  • 文字数
  • 更新頻度
  • ページ数(インデックス数)

これらを闇雲に増やしたり、自分本位の考えだけで作成したWebページをインデックスしても、検索ユーザーの求める情報(検索意図)がコンテンツに盛り込まれてなければ、Googleに評価されないということです。

ちなみに、重複コンテンツや類似ページが増えないように、あらかじめ検索意図をグルーピングしたり、canonicalタグや301リダイレクトを活用して、URL正規化(記事統合)することも考慮しましょう。
※参考:ペルソナを設定する

外部対策する

SNSなどの外部メディアで良質なコンテンツを宣伝して、 より多くのユーザーにシェアしてもらうように SEOの外部対策しよう!

外部対策するには、主にSNSを活用します。
例えば、Twitter(ツイッター)やFacebookなどのSNSを活用して、良質なコンテンツを宣伝します。
そうすれば、ユーザーが共感してSNS上で共有してくれたり、サイトやブログで参照してくれる可能性が高まります。
結果的に、サイテーションや被リンク(外部リンク/バックリンク)の獲得につながって、権威性(ブランディング)が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、SNSなどの外部メディアで良質なコンテンツを宣伝して、より多くのユーザーにシェアしてもらうように外部対策することが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

また、メルマガやプレスリリースを配信したり、PING送信を活用して、外部対策する方法もあります。

一方、外部対策しなければ、自身のコンテンツが、より多くのユーザーに認知されません。
そうなれば、共有数が限られて、被リンクやサイテーションが増えないので、その分Googleから評価されづらくなるでしょう。

SEOツールを活用する

検索パフォーマンスを分析して、 サイトの改善に活かすようにしながら、 SEOツールを活用しよう!

SEOツールを活用するには、サーチコンソールに登録します。
例えば、サーチコンソールに分析したいサイトのドメインを登録して、必要な設定をします。
そうすれば、登録したサイトのキーワード順位や検索での表示回数、検索でのクリック数、CTR(検索でのクリック率)などの検索パフォーマンスが分析できます。
この分析結果をもとに、サイトを改善することができれば、Googleに評価されやすくなるというわけです。

  • Googleアナリティクス
  • キーワードツール
  • 検索順位チェックツール
  • 文字数チェックツール
  • ヒートマップツール

これらのツールをうまく併用して、サイトやキーワードの状況分析と調査の効率を上げましょう。
こうして、検索パフォーマンスを分析して、サイトの改善に生かすようにSEOツールを活用することが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、SEOツールを活用しなければ、サイトやキーワードの状況分析や調査ができません。
そうなれば、改善点や発案が見出せず、効果的なSEO対策ができないので、その分Googleから評価されづらくなるでしょう。

ユーザー体験(UX)を最適化する

ユーザビリティを良くして、 サイトの利便性を高めるようにしながら、 ユーザー体験を最適化しよう!

ユーザー体験(UX)を最適化するには、ユーザビリティを考慮します。
例えば、高速なレンタルサーバーに乗り換えたり、AMP対応、画像/CSS/Javascriptなどのファイルサイズを最適化するなどしてページの表示速度(スピード)を高めます。
そうすれば、ユーザーがストレスなく、快適にコンテンツを閲覧することができます。

  • デザイン(イラストなど)
  • フォントサイズ

これらの要素も考慮して、UI(ユーザーインターフェース)まで最適化しましょう。
結果的に、直帰率などのユーザー行動が最適化されて、ユーザー満足度が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、ユーザビリティを良くして、サイトの利便性を高めるようにユーザー体験を最適化することが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、ユーザー体験が向上しなければ、その分Googleに評価されづらくなります。
もう少し言うと、ページの読み込み速度やモバイルユーザビリティ(スマホ)、HTTPS化といった要素はランキング要因であり、ユーザビリティと関わりの深い要素です。
なので、これらを最適化しなければ、ユーザビリティが良くならず、ユーザー体験が向上しないので、Googleに評価されづらくなるというわけです。

ローカルSEOをする

Googleマイビジネスで有益な情報を提供して、 ローカル検索結果での露出を増やすように ローカルSEOをしよう!

ローカルSEOをするには、まず、Googleマイビジネスに登録します。
登録後、Googleマイビジネスの管理画面で、自身のビジネス(店舗や施設など)に関する多くの有益な情報を入力して、充実させます。
さらに、「関連性」「距離」「知名度」を考慮して情報入力します。
そうすれば、Googleから評価されやすくなるので、自身のサイトがGoogleマップなどのローカルパックで上位化しやすくなるというわけです。

こうして、Googleマイビジネスで有益な情報を提供して、ローカル検索結果での露出を増やすようにローカルSEOを行うことが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、ローカルSEOを実施しなければ、Googleに評価されないので、その分ローカル検索結果での露出が増えません。
こうした状況を回避するために、とくに、ローカライズされやすいジャンル(飲食店、医療施設、地域に密着した店舗[美容院、ネイルサロンなど]、士業など)は、ローカルSEOを実施しましょう。

ちなみに、オーガニック検索でもローカライズされます。(ベニスアップデート)
この場合においては、ローカルSEOに加えて、コンテンツや被リンクの質を考慮した通常のSEOをより重要視しましょう。

海外SEOをする

質の高いコンテンツをベースにして、 多言語サイトを作成しながら 海外SEOを行おう!

海外SEOをするには、まず、ベースとなるサイトの質を高めます。
そして、ベースとなる質の高いサイトの内容をわかりやすく翻訳したり、HTMLやURL、リンクを最適化するなどして、多言語サイトを作成します。

  • 地域が認識しやすいURLにする(hreflangアノテーションを使用)
  • hreflang やサイトマップで言語や地域を明示する
  • ページ内容の言語を明確にする(自動翻訳[機械翻訳]はしない)
  • 他の言語のバージョンへリンクする
  • 最寄りのサーバーを利用する
  • 重複ページを処理する(rel=canonical要素とhreflangタグを活用)
  • サーチコンソールで地域ターゲティング[ジオターゲティング]を設定する(ジェネリックトップレベルドメインの場合)

そうすれば、良質な多言語サイトに仕上がるので、Googleから評価されやすくなるというわけです。
こうして、質の高いコンテンツをベースにして、多言語サイトを作成しながら海外SEOを行うことが、SEOの基本的な対策のポイントとなります。

一方、海外SEOを実施しなければ、その分外国の検索エンジンでの露出が増えません。
こうした状況を回避するために、とくに、海外への事業展開を視野に入れてるサービスサイトは、海外SEOを積極的に行いましょう。

まとめ

SEOによって、検索エンジンからWebサイトを通じた売り上げを促進させることができれば、企業や個人の事業成長が見込めます。

そのためには、Google検索エンジンの仕様に基づいて、適切なSEOを行う必要があります。

具体的には、とくに本ページで触れたGoogleが提供するいくつかのガイドラインを考慮して、Googleと相性の良いサイトを構築することが、SEOに取り組むための重要なポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら