HOMEその他 > ビッグキーワードで上位表示を狙うSEO方法
その他
ビッグキーワードで上位表示を狙うSEO方法
2016/05/10その他[最終更新日]:2016/09/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグキーワードでの上位表示はなかなか難しく、競合上位サイトが強い傾向です。

そんなビッグキーワードで上位表示するにはどうしたらよいか?
今回は、ビッグキーワードで上位化した事例やSEO方法を中心に解説していきます。

ビッグキーワードで上位表示を狙うSEO方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
目次

ビッグキーワードとは(定義)
ビッグキーワードの一覧と検索ボリューム
ビックキーワード/ミドルキーワード/スモールキーワードの違い
ビッグキーワードの上位表示事例
ビッグキーワードのSEO方法
まとめ

ビッグキーワードとは(定義)

ビッグキーワードとは、検索ボリュームが多いキーワードのことです。
明確な検索ボリュームの定義はなく、月間検索ボリューム10,000以上であれば、ビッグキーワードと言えるでしょう。
※月間検索ボリュームは、Googleキーワードプランナーで確認することが可能です。

ビッグキーワードは、検索ボリュームが多いので、多くのユーザーが検索するキーワードになります。
そのため、ビッグキーワードで上位化すれば多くの自然検索(オーガニック検索)トラフィックを集めることが可能です。

ビッグキーワードでは、あらゆるサイトが上位表示を目指すため、価値あるサイトが競合し、上位化が難しいキーワードとなります。

ビッグキーワードの一覧と検索ボリューム

ビッグキーワードには例えば以下のようなものがあります。

●ビッグキーワードの一覧と検索ボリューム
キーワード 月間検索ボリューム
賃貸マンション 40,500
ダイエット 673,000
パソコン教室 14,800
SEO対策 22,200
fx 110,000
結婚相談所 27,100
整体 40,500
iphone修理 74,000
不用品回収 14,800

このような、月間検索ボリュームが10,000以上あるキーワードは他にもたくさんあり、よく検索される分、上位化の難しいキーワードです。

ビックキーワード/ミドルキーワード/スモールキーワードの違い

キーワードは検索ボリュームや組み合わされる語数によって、呼ばれ方があります。
どんなキーワードの種類で、どんな呼ばれ方をしてるのか以下紹介します。

ビックキーワード
ビッグキーワードは、先述のとおり、検索数が多く、主に、月間検索ボリュームが10,000以上のキーワードのことです。
単語(1語)のみならず、月間検索ボリュームが10,000以上の複合語(2語以上)でもビッグキーワードと言えるでしょう。
基本的に単語(1語)のキーワードが多い傾向です。

ミドルキーワード
ミドルキーワードは、主に、検索数がビッグキーワードとスモールキーワードの間のキーワードのことです。
なので、月間検索ボリュームが1,000~10,000未満のキーワードをミドルキーワードといえるでしょう。
単語(1語)もありますが、複合語(2語以上)のキーワードが増えてくる傾向です。

スモールキーワード
スモールキーワードは、検索数が少なく、主に、月間検索ボリュームが1000未満のキーワードのことです。
複合語(2語以上)のキーワードが最も多くなるキーワードですが、検索意図が具体化し、コンバージョンしやすいユーザーが増える傾向です。

上記のように、月間検索ボリュームの多さによって、ビックキーワード/ミドルキーワード/スモールキーワードに分けられます。

ビッグキーワードの上位表示事例

ビッグキーワード「SEO対策」で圏外から3位に上位化した事例を紹介します。

キーワード:SEO対策
月間検索ボリューム:22,200
サイト:SEO対策で上位奪取に必要な21の基本知識

ビッグキーワード「SEO対策」で圏外から3位に上位化した事例

対策内容
・共通コンテンツに内部リンク追加(グローバルメニュー、フッター、サイドカラム)
タイトルの先頭にSEOキーワードをいれ、興味そそる文言にした
・キーワードを入れながら簡潔にディスクリプション記述した
・関連性の高く、複数ドメインからの被リンクを増やした(10本程度)
・サイト内の他ページのタイトルやコンテンツのキーワードを削除し、対策ページがインデックスされるよう際立たせた
文字数キーワード比率最適化のため、キーワードを含めたコンテンツを増やした

ビッグキーワードのSEO方法

ビッグキーワードで上位表示を目指すには、SEO対策が重要です。
ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードに関係なく、どのキーワードでも、競合上位サイトのSEO状況に合わせながら対策することが大切です。

とくにビッグキーワードの上位サイトはSEO状況が優秀です。被リンクやコンテンツの質が高く、オーソリティが高いサイトが多い傾向です。
そのため、ビッグキーワードの上位化を目指すには、良質なコンテンツとリンクが欠かせません。

被リンクが集まりやすい(参照されやすい)コンテンツ(ページ)を増やし、ドメイン全体の価値を高めながら、ビッグキーワードの上位表示を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

ビッグキーワードで上位表示すれば、トラフィックが安定的に増加し、サイトのパフォーマンス向上に繋がります。

そのためには、1ページ1ページ価値あるコンテンツを作り、ドメイン全体で価値を高めることが大切です。

ドメインの価値が高まれば、狙ったキーワード(ビッグキーワード等)で上位表示されやすくなり、あらゆるページが順位上昇しやすくなるでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。